校長挑戦記、サプリメントだけで1週間生活してみる

初日はまったく問題なし、普段から断食・絶食には慣れているので



さてと準備が全て整った。
ヨーグルトやサプリメントを用意し、いよいよトライ開始。
初日の今日、まず最初に頂いたサプリメントはビタミンC、B、E。
それに亜鉛、DHA、グルコサミン、ヘム鉄、ブルーベリー。
アミノ酸&マルチビタミン、COQ10、コンドロイチンなど一応一通り。

昼になっても特に食欲はなかったので、マルチビタミンのみを頂いてジムへ。
ただ、この挑戦中にジムへ行くのはやや無謀かとも思うので、体力に余剰があれば行く、気力がなければ行かないと言う事にして、決して義務にはしないようにしようと思う。 ところで、この期間中にジムへ行く理由は脂肪燃焼を目論んでじゃない。
それは筋力低下を阻止したいため。
食事の代わりにサプリメント 糖質をほとんど摂取しないことになると思うので、運動強度が保てるか?またコルチゾール増加によって体がカタボリックにならないか?という不安はあるけれど、BCAAや葉酸を適度に摂りながら過ごしたいと思う。
最終日には筋肉量も計測して運動前と比較するので、多少は参考情報になるはず。

さて、今日は何事もなく時が過ぎ、お茶をがぶがぶ飲んでいるからか食欲もなく、ヨーグルト少々とサプリメント各種で凌げそうです。
お昼は仕事上の会合でどうしても中華を食べなければならなかったものの、量を極少にとどめ、1日の合計はは500キロカロリー以下に抑えられたと思う。

人間が絶飲食で持ちこたえられる限界は3日、堅牢な精神と肉体を持つ人間でも5日と言われているけれど、今回は500kcalという余剰が残されているので全然救いがある。


お昼は京橋の中華料理店へ。
お付き合いで食べなければならないものの、なんとか500キロカロリー以内で抑える。



1日終了しての感想は、全く問題なく進められるだろう・・・という感想。

ただ問題は4日目くらいからだと思う。

以前、盲腸の手術をした際に、3日間食を断った事があったけれど、臭いのしないところから料理の香がしたり、枕がソーセージに見えたりと幻覚に苛まれた事があった。
それに似た現象が起きない事を祈るばかりだ・・・。

さらに5日目、6日目は勝負どころ。
この辺に来ると、体が危機感を感じてしまう状態だと思う。
そして最終日の7日目。
おそらく何かしら「見える事」があると信じたい。