校長挑戦記、サプリメントだけで1週間生活してみる

1日1000キロカロリーで1週間過ごす挑戦最終日



いよいよ食事制限で1週間過ごす企画も最終日。
当初は最近の堕落生活で肥えてしまった肉体を引き締めるために始めようというのが動機だったけど、この時点では体も絞れたばかりか、たるんだ心、精神状態もかなり回復した。
ダイエット、つまり適度な運動と食事制限は、身も心もリフレッシュさせるのだ。

さて、最終日の今日は突然ですが伊勢神宮へ行ってきました。
そう、計画などしていない突然の訪問です。

理由は特にないんですが、1週間の最終日ということもあり、伊勢参りでもして邪念と邪気を全て振り払い、新たな気持ちで明日から過ごせるように・・・という験(げん)を担ぐ意味もありました。
早朝6時に起床し旅支度、恵比寿から品川駅へ向かいました。
名古屋行きの「のぞみのチケット」と、名古屋から伊勢市駅までのチケットを購入し、一路3時間強の旅路。
駅弁でも・・・と思ったけど、どういうわけか昨日のきんつばを食して以降、まったく食欲が無く、無いと言うよりは気持ち悪くて食べる気がしない。
少しでも何かを胃に入れようものなら大変なことになりそうなほど体調不良です。

名古屋到着は10:37。
快速鳥羽行き「みえ」に乗り換え、予定ではお昼前後に伊勢市駅に到着するはず。
ちなみに快速「みえ」の車内でちょっとしたアクシデント発生。
指定席を購入しておいたのに、自分の座席におばさまが座っているのだ・・・。「あのー、そこの席って・・・」と声をかけると悪気も無く「あっちの席と交換して」と指を差され、提示された席へ行くと、そこは4人掛けのシート。
しかも私の前、つまり正面には若い女性の2組、ありゃりゃという感じ。

のどかな住宅街と田園風景を眺めながら揺られ、伊勢市到着は12:11。
丁度お昼ではないか、お腹の具合はと・・・。
まだ少しムカムカ感は残ってるけど、せっかくだし何かランチでも食べるかな。

伊勢といえば、もちろん伊勢うどん。
さっそく名店というか有名店の暖簾をくぐってみた。
伺ったのは田中屋旅館というお店、伝統的で素朴な伊勢うどんが食べられるらしく、県外だけでなく県内からも多くの方がここへ訪れます。
しかし今は1週間の食事制限チャレンジ中、うどんでさえ完食するとカロリーオーバーになりかねないので数口頂くだけにとどめる。

せっかく伊勢にきたのだから、手こね寿司も食べたい!と思ってすぐ近くにある寿司久さんも訪問。
ここは手こね寿司が特に有名で、ガイドブックにも掲載されているし、観光客が団体でもよく来ています。
店内は広いし、戸口からは五十鈴川が眺められるので景観も素晴らしい。
もちろん注文したのは「手こね寿司」。美味でしたよ。
ただ、ここでもカロリーオーバーにならないよう「鰹」だけは頂き、ご飯はほとんど残すように心掛けました。
その後も、団子や赤福の抹茶氷なども頂きましたが、なんとかカロリーコントロール成功・・・

さて、1週間のトライが完了した時点での身体的な測定値はこんな感じです。
まず体重は500グラム減少し、体脂肪率は0.8%程度減少、しかし筋肉量は相対的に上昇していました。
これはそこそこの成果かな・・・1週間程度のプチ断食は、体にもダイエットにもいいものだと実感しました。

[終了時の体データ]
体重:51.5kg(少し減少)食後に計ったからかも。
体脂肪率:5.1%(大幅減少)
筋肉量:45.8kg(少し増加)
基礎代謝:1360kcal
内臓脂肪レベル:1
体年齢17才
ちなみにスタート時にお約束したこんにゃく玉を再び食べてみましたが、特に美味!とは思わなかった。
やはりコンニャクはコンニャク!味はないのです。