3ヶ月で10kg痩せる方法

3ヵ月で10kg以上やせたい人向けのダイエット法



ダイエットスクールが最もお薦めしているダイエット期間が3ヶ月周期での減量です。
1ヵ月3キロちょいという、さほど無理せずに、ほどよく痩せる方法。
これなら日常生活の中でも十分実現可能ですし、なにより体に支障をきたしません。
睡眠不良にもならずイライラも起こらず、まさに理想的なダイエット目標と言えます。

3キロという脂肪を落とすにはどれくらいのカロリーを消費させればよいのか?

1kgの脂肪を落とすのに必要なカロリーは約7500程度と言われていますが、これを栄養バランスのある食事を摂りながら落としてゆきます。
運動が苦手な人は食事制限のバランスを調整し、運動を行うことに苦を感じない人なら食事をさほど変更させずに運動します。

まず食事を制限する方法から考えて見ましょう。
標準的な成人男女が必要とする基礎代謝+日中活動代謝は、だいたい2000~2500キロカロリー程度です。
これは3食きっちり食べた場合、ほとんど間食が出来ないことを意味する数値となります。

例えばポテトチップスは1袋で約500キロカロリー前後、クッキーやチョコレートもそれなりのカロリーがありますから、もしあなたが間食をしている状態でダイエットしたいなら、これを減らすか止める事が最も手っ取り早い痩身方法になるでしょう。

人が間食をしてしまう理由はいくつもあります。
ストレス解消や口寂しさ、習慣等です。
校長も昔は間食が大好きで、主食を抜いてでも間食へまわすほどの行動パターンでしたが、今ではよほどのことがない限り間食をしたいとは思いません。
そして、そんな間食大好き人間の校長が間食を止められた方法は「間食となりえるものを周囲に置かないこと」です。

間食をしてしまう人の生活環境を見てみると、多くの場合「部屋に食べ物があったり」「オフィスやデスク周辺に食べ物がある」場合が多く、手を伸ばせばすぐに食べれてしまう環境だと言えます。
どれほど意志の力が強い人でも、気軽に食べれる環境であれば欲求に負けてしまう事もあるでしょうし、なによりその事がストレスになります。


つい買ってしまった間食は?
それでもデパ地下に行ったり、フード特集の雑誌を見たりすれば、美味なスウィーツ情報があなたを惑わします。
そんな時、つい買い物かごに入れてしまったり、お店に立ち寄ったりしてしまいますよね?。
でもそれは仕方ありません。
売り手はあらゆるマーケティング手段を講じてあなたを惑わし食欲のトリガーを引かせようと懸命に取り組みます。
校長は以前広告代理店に勤めていたのでよくわかりますが、彼らの能力を侮っていはいけません、巧みな戦略と戦術で揺さぶりをかけてきますので、それに正面から対抗しても叶うはずが無いのです。
なので買ってしまう自分は許してあげましょう。何より人が買い物をしたり、お店に入ったりする行動は、それだけでストレスの解消になっていたりしますから悪いことではありません。

しかし買った後の行動や注文後の行動が重要になるのです。
例えばつい買ってしまった衝動買いの間食は、自宅に戻ったら躊躇無く捨てる(数口食べた後でも)。
買ってしまう時にはたいてい「痩せたい」という願望よりも「食べたい」と思う願望が上回っています。
言い帰ると理性を失っている状態です。そして帰宅して買い物袋を覗くと「やってしまった」と思うわけです。
なので、我に返った段階ですぐに捨てる事。
もし本当に痩せたいなら「もったいない」と思わない事です。

よほどのことがない限り間食を止めて食事を2000キロカロリー以内にセーブすれば、体重は標準的数値へ向けて徐々に落ちてゆくでしょう。
また、あなたが標準体重かそれ以下であれば、摂取カロリーを1500や1000等に抑えれば、それだけでぐいぐい落ちて行くと思います。


運動できる人の場合

食事制限はあまりしたくないけれど、運動できる人の場合には有酸素運動を取り入れて見て下さい。
脂肪を落とす唯一の運動は有酸素運動です。
その内容はランニング、ウォーキング、ジムに通える人ならエアロバイクやクロストレーナー等をこなす事になると思いますが、有酸素運動で落ちるカロリーは非常に少ないので覚悟は必要です。
たとえばランニングは1時間走ってもだいたい200~300キロカロリー程度、クロストレーナーなら600キロカロリー前後の燃焼に留まります。

一方食べ物のカロリーを見てみると、ドーナツ1つが300キロカロリー前後、牛丼が700キロカロリー前後ありますから、食事制限する方法のほうが運動よりもはるかに効率はよいということになります。
ダイエット中の運動の目的は2つあり、1つは有酸素運動で現在体についている脂肪を落とすこと、そして2つ目は筋肉量の維持と増進です。
自分の体型がもし標準体重より重い場合には食事制限からはじめ、標準体重前後であれば食事制限に加えて有酸素運動を少し取り入れる。
そして標準体重より軽い場合には有酸素運動をメインにし、筋トレ+食事管理が必要になります。

食事制限も運動も、大きな負担を感じることなくやりくりできるようになれば、1ヶ月で3キロ、3ヶ月で10キロ前後痩せることはそんなに難しくはないはずです。
それでもさらに急いで痩せたい場合や、上記の方法でも痩せない場合にはこちらのコラムをご覧頂き、実践してみてください。