走らなくても痩せる方法

走らなくてもやせる方法

よくダイエットを始めるぞ! と決めた人ですぐ走ったり、ウォーキングを始める人がいますが、わたしは疑問です。
本当に続くんですか? と聞きたいですね。

わたしは絶対無理、だいたい、走ることは体によくないですし。
都内だと、交通量もありますから、走ることで呼吸回数が増え、それだけ排ガスを吸い込みます。


わたしは食事と1日5分もかからないある方法で1年間で健康的に15キロやせることに成功しましたから、他の人がなんと言おうと、このやり方に自信を持っています。
え? 能書きはいいから早く教えろ? ・・・・物には順序がありますから、もう少し待って下さいね。

まず、やせるにはいろいろな方法がありますが、大きくわけるとこんな感じです。

1、食べる量を減らして、これ以上太らないようにする
2、消費カロリーを増やして今の体重を減らしていく


この二つでしょう。これ以外にあれば教えてください。

この「1」に関しては、別のコラムでお話していますので、割愛します。
問題は「2」なわけです。

やせると決めた当時の私は、有酸素運動が苦手だったので 、まず筋肉を増やしたいと思いました、ただ、脂肪が付いている段階で筋トレをすると、脂肪の下に筋肉がついて、脂肪が落ちにくくなります。
なので、筋トレと言ってもダンベルをあげるような激しいものではなく、簡単なもので十分です。

それは、毎日腕立て10回、腹筋10回の約束ですというものです。

どうです? これならできるでしょ? これができなかったら、次にやせて生まれ変わるのを待ってくださね。
でもたった10回じゃ効かないよ。そんな声がスポーツインストラクターの方から聞こえてきそうですが、毎日やると効果があるんです。
不定期にではなく、毎日やる。これが重要です。するとたった10回でも体に張りがでて、すごいです。
といっても義務には感じないでください。わたしも風邪をひいたときや、体調がすぐれない時にはやっていませんでしたし。
そして、この10回以外に、バスの中や電車の中でできる手軽な方法がこれです。

背もたれ1駅腹筋運動

どういうことかというと、たとえば山手線で自宅から通勤駅まで10駅あったとします。
で、仮に座れたとしましょう。

そうしたら、最初の駅までは普通に座る、そして次の区間は背もたれに背中をくっつけないで、背中を浮かせる。こうすることで、背筋と腹筋が鍛えられますし、背筋矯正にもなります(本当になるかどうかは医学的にわかりません)
これを交互に繰り返すと、毎日すごい運動量になります。
ちなみに、背中を完全に浮かせるとかなりつらいので、ほんの少し1センチくらいで十分です。腹筋が少し突っ張るなぁ。という程度でいいんです。何事も無理なくやることです。

わたしがやっていたことはたったこれだけ。

腹筋、腕立て10回、そしてたまに電車やバスでの背もたれ1駅腹筋運動。
たったこれだけで十分です。走ったり、エクササイズしたり、仕事場の一つ手前の駅で降りて歩いてみたりと、そんな続かないことをする必要などないです。

飽きっぽくて集中力がない・・・そんな人にぴったりのやり方ですから、おためしください。


Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.