下半身をやせたい方

下半身やせ・ぽっこりおなか対策は存在するのか?



さて、年齢が30歳を超えだすと、下っぱら、およびウェストなど、ぽっこりお腹系が気になりだすはずです。
最近では、アンダーウェアやスカート、パンツなどで膨らんだ下っぱらを隠したり、ラインをきれいに見せるアウターもあるようですが、所詮は目くらまし、重要なことは、本当に痩せることです。

そのことを本人が分かっているからこそ、書店でさまざまなダイエット本が並ぶのでしょう。

当ダイエットスクールでは、痩せるためのノウハウで読者に媚びたりしませんから本当のとことを書きましょう。
正直いって、楽して痩せる方法など、ありませんからね。
食事制限にしても運動にしても、つらいと感じるくらいの事をしなければ、ほとんど効果は出ません。


もしくは「つらくないと感じるくらいの運動を、つらいと感じるくらい続ける」このどちらかしかないんです。

しかし、他人がまねできないほどの苦労と努力を行うからこそ、痩せた後の優越感と差別化を得られるのだと思うわけです。

では、まず30才以降で増えだす「ぽっこりお腹」の対処法を考えてゆきましょう。

まず、ぽっこりの元は何かというと、脂肪と水分です。
あれが筋肉だ!と言い張る人はまずいないと思います。

体は骨と脂肪、筋肉で構成されていますが、身を守るためにそれらはあるわけです。
筋肉が守れば脂肪は要りませんし、脂肪があれば、筋肉は要りません(防御だけを考えれば)。

ということは、あなたの大切な下っぱらを守っている脂肪を、筋肉に変換すること。これがまず大切なことなのです。

となると皆すぐに思いつくのが、「腹筋」「背筋」これですか?!となりますが、そうではないんです。

たんまりと脂肪がついている状態で筋トレを行うと、脂肪の下に筋肉がついてしまい、スリムではなく「がっちり」になってしまいます。
男性でも女性でも、最近では健康的なスレンダー体型が好まれるようなので、がっちり体系になりたい方は別のサイトへ飛んでくださいね。

さて、スリムになるために必要なこと。
それはまず何より、脂肪を落とすことです。


今ある脂肪を落として、入ってくる脂肪を減らす。
これがまず一番重要なポイントです。

ではどのように改善してゆくか?です。

今ある脂肪を落とすには、誰もが嫌がる有酸素運動しかありません。
有酸素運動は「ほんのりと汗をかく」レベルで「20分以上」運動を続けることです。
マラソンや早歩きなども有酸素運動とされますが、正直言って、消耗するカロリー量は非常に少ないです。

ですので、ジムでの運動がベストになるでしょう。
ジムへ通えない方は、マラソンでもかなりスピードを上げたり、長時間走る必要があります。

1キロの体重を減らすのに必要なカロリーは7500kcalです。
マラソンをゆっくり1時間やってもたかだか300kcalくらいです。
つまり、毎日マラソンをやったとしても、半月以上かかるわけです、1kg落とすのに。


そこで次に取り組むのが食事内容の改善です。
どんなに有酸素運動をしても、筋トレをしても、入ってくる脂肪(食事)を改善しなければまったく意味がありませんからね。

脂肪を落としつつ、食事内容を変えることで1日に必要なカロリーを抑えられ、これ以上脂肪が増える事を制御できるわけです。

どんな食事かというと、まずは食物繊維系。
これは、お通じをよくすることもありますが、最初に食物繊維を食べることで、その後の食事の脂分などを吸収しにくくしてくれるらしいのです。
具体的には「キノコ」「海藻」「セロリ」などなど。

ほとんどが和食の御惣菜に出てくるようなものですから、日本人にはちょうどよいでしょう。

一日を通して総摂取カロリーを1500kcal以内に抑え、そのうえでマラソンを行う。
これで1ヵ月弱で1キロの減少につながります。
長い道のりです。

この、脂肪のコントロール、つまりは「今ある脂肪を落として食事も変える」ことで、スタートラインに立てます。
これからがぽっこりお腹の対処の本当の始まりです。

ぽっこりお腹をへこますにはやはり腹筋が重要でしょう。
しかし、腹筋だけやっていても意味がありません。

女性なら体脂肪率18%前後を目指し、体全体の筋肉を整える必要があります。
そもそもぽっこりお腹の人は、たいてい筋肉量が少ない傾向にあります。

細いのに体脂肪率が高い。
そんなやせ形肥満系が多いのです。

「筋肉がつくと筋張っていや!」という女性もたまに見かけますが、男性は案外筋張っている女性のほうが好きですよ。
もしくはふっくらしていても、ほどほど筋肉がある女性といのは、腹筋がうっすらと割れていたりします(中央に筋があったり)

ですので、遠慮せず筋トレを行いましょう。

鍛えるのは、大きな面積の「胸」「尻」「腹」「腿」です。
ここを鍛えると基礎代謝が上がり、多少たべても太りにくくなりますし、体幹がよくなります。


ローテーション的には・・・
食事の改善を行いつつ、脂肪減少→筋トレ→有酸素運動→筋トレと毎日繰り返すことです。
やせ始めると体がみるみる若返り、肌艶もよくなると思います。
また、やせ始めるとそれ自体が楽しくなり、さらに痩せようとするモチベーションにつながります。

ぽっこりお腹の人は、たいがい「脚(太もも、ふくらはぎ)」や「二の腕」も太いので、それらも細くなり一石二鳥です。
是非トライしてみてください。


Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.