ダイエットの目的

ダイエットの方法・目的について



ダイエットの真の目的は、実は「やせること」ではありません。
ダイエットと言うのは、ある地点・ゴールを持って「終わる」ものではなく、美しく健康的な体型を維持し続けるため、永遠に続けていくものなのです。
つまり「始まりはあるけれど終わりのない」この「永遠に続く生活スタイル」を、いかにストレス無く、自分を苦しめず、楽しく継続するか?!。
これこそが、当スクールの目的です。
そして、標準体重から大きく乖離した痩せ型スレンダー体型であるにも関わらず、異性からの性的魅力を獲得すること、これが美しいダイエットと考えます。

さて、ダイエットしたい!と、そう心に決めた方に聞くと、2種類のパターン(動機)があることに気づきます。

1つ目は、体を細く見せたい、つまり美しい体のラインを手に入れたいというニーズ
2つ目は、適正な筋肉量と脂肪にし、健康的な体型を獲得したいニーズ


この両者にはまったくもってやり方や動機が異なります。
たとえば1番については、体のラインを綺麗にしたいということなので、ともすると標準体重以下にもなりかねないダイエットが必要になりますが、 2番は明らかに健康的な体型を目指すもので、標準体重と標準的な体脂肪率、筋肉量を目指すダイエットになります。
インタビューしてみると女性は1番の需要が多く、男性では2番の需要が多いようです。

では1つ目のニーズ「体のラインをきれいにしたいダイエットの方法」から見てゆきましょう

体のラインを綺麗に見せるには以下の方法があげられます
1、ウェストを細くする
2、足を細くする
3、ヒップをあげる
4、腕と肩周りを引き締める


この4点が必要になります。
このためにはまず、脂肪を徹底的に落とし、適度な筋肉を付けた上で、女性らしいやわらかい脂肪を付ける必要があります。
脂肪の落とし方、筋肉の付け方は各自のやり方次第ですが、私の経験からすると、脂肪が付いている状態で筋肉トレーニングをしてしまうと、丸みを帯びた体になり、ややゴツイ体型になってしまいます。
やはりお勧めは、徹底的な食事改善と有酸素運動で脂肪をごっそり落とし、そこから筋肉トレを行うことでしょう。
なにより私自身がこのやり方で成功したので、断言できます。
脂肪を落とすには、「1、有酸素運動を行い続けるか、2、食事改善」しかありませんが、私の場合、持続的な運動が苦手だったので(当時は)、食事で脂肪をまずは落としました。
お尻を上げるのには少し時間がかかるのですが、お尻自体を鍛えることに加え、太ももの後ろの筋肉を鍛えることでヒップアップできます。
太ももの後ろの筋肉がつくと、お尻を上にあげてくれるのです。
40代になるとウェストも広がってきますが、これも同じで、腹筋と背筋を鍛えることに加え、まず食事改善で脂肪を落とし、横っ腹の脂肪を先に落としておくことが必要です。脂肪はなかなか落ちませんが、長い時間をかけ、ゆっくりと落としてゆくのがコツです。

次に2つ目の健康的にやせたい方の場合

過度な運動は禁物です。
やれることを、やりたいときにやるのが一番ストレスがかかりませんので、体にも負荷がかかりません。
ヘルシア緑茶を飲んだり、エスカレーターを使わずに階段を意識して使ったりすることでもかなり効果があるはずですよ。

また食べ物は、極力「糖質」「脂分」のものは避けましょう。
フライ、てんぷら、あんかけなど、甘くて脂っぽいものはダイエットの大敵ですからね。

健康的にやせる方法は、世の中にあふれていますし、正直それほど大変ではりませんから、ここのコラムでは割愛します。
大変なのは、1番目のニーズである「美しくなるためのダイエット」です。
普通の食事と睡眠なら健康は維持できます、、、健康だと言えないほど太っている人は、正直、食べ過ぎなんですよ・・・ね。


Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.