玄米で作るタイ風チャーハン

玄米で作るおきて破りのタイ風チャーハン



ダイエット暦10年の校長が送る、ダイエットレシピを全公開!なぜ40歳超えているのに体脂肪率が5%で推移できるのか?そのなぞが明らかになります。
通常チャーハン、しかもタイ風となれば、お米もタイ風のパサパサライスを使うんですが、今回はあえて玄米を使用したものを紹介します。
半ば掟破りですが、そこはご愛嬌ということで。

[材料は以下の通り]
1、玄米ごはん(2/3パック)
2、鶏肉をトウガラシでいためたもの
3、焼き春巻き
4、胡椒

さて、今回紹介するのは、タイ風のチャーハンです。
といっても、自分でご飯をいためたりはしません、料理はしないので、ありものを組み合わせて、よりおいしい料理を目指すのがダイエットスクールの流儀です。
加えてローカロリーでなくてはならないので、用意した玄米も1/3ほどは削ります。削ったお米は保存しておいてもいいですね。

さて、チャーハンを漢字で書くと「炒飯」ですから、基本的にはこの玄米をいためないと筋が通らないのですが、調理しませんので、いためた鶏肉をご飯にかけるだけ。
この鶏肉のトウガラシ炒めが実によくできているんですよね。
タイ風の春巻きを乗せれば完成ですが、なんとこれ、ボリュームあるように見えて、カロリー600kcal程度。
がっつり食べても案外ヘルシーで、なおかつトウガラシのおかげでDITも高いから、ほとんどが食事中にカロリー消費してしまう優れレシピ。
是非、アジアンなヘルシーフードを食べたいときにはオススメです。
玄米を用意 まずは1/3ほど削ります 鶏肉をトウガラシでいためたもの
カロリー:約600kcal