ヨーグルトシリアル

大量のヨーグルトを入れたシリアル



ダイエット暦10年の校長が送る、ダイエットレシピを全公開!なぜ40歳超えているのに体脂肪率が5%で推移できるのか?そのなぞが明らかになります。
前回、フルーツとチーズを使ったシリアルボールの作り方について、オススメレシピで紹介しましたが、今回はそれを越える美味しさのシリアルボールを紹介します。
ヨーグルトを混ぜるだけというシンプルさですが、実は以前「飲むヨーグルト」でシリアルを作ってみたところ、とてもまずかったので、それ以来「ヨーグルトとシリアルは合わない」という固定概念ができていました。しかし今回試したのは、飲むヨーグルトではなく、食べるヨーグルトです。

[材料は以下の通り]
1、フルーツグラノーラ
2、オーブルラン系シリアル
3、無糖ヨーグルトなど甘さの無いヨーグルト
4、豆乳
まず、フルーツグラノーラは見かけ以上に甘さがあるので、温める場合には少なめに入れるのがコツなのですが、今回は冷製。 そのため、多少多めに入れてもかまいません。
ヨーグルトはもちろん無糖のものを選びましょう。
フルーツグラノーラがかなり甘いので、ヨーグルトや豆乳、オールブランなどは甘さの無いものを選んでください。
さもないと甘すぎて食べられなくなります。
シリアルと無糖ヨーグルト フルーツグラノーラを多めに入れる 甘さの無いオールブラン系シリアル

オールブランを入れた後、よく混ぜてから無糖ヨーグルトを入れます。
これは好みですが、私の場合、写真のような大きなヨーグルト1パックの内、1/3程度という大量のヨーグルトを入れます。
ある程度入れると、ヨーグルトの酸味とグラノーラの甘味が調和して最高に美味しいんです。
手でかきまぜます 無糖ヨーグルトを入れます お好みですが、結構多めに入れてもいいかも

その後、豆乳を投入(失笑)。
実はシリアルはとてもハイカロリー、そのため、豆乳はなるべくローカロリー物を選んだほうが良いと思います。
私はいつもカロリー45%オフのものを選びます。豆乳というと「とろっ」とした味わいですが、カロリーが低いものは「さらっ」としているので、ヨーグルトとの相性もよいのです。
ご覧のように大きめの器に、ヨーグルトと豆乳が大量に入るイメージです。
仕上げは「食べる前には5分程度寝かし」ましょう。
冷蔵庫に入れるのもよいですが、少し時間を置くことで、シリアルがやわらかくなり「ヨーグルトオートミール」のような食感になるのです。
食べやすく、個人的には美味しさが増すと思います。
絶対的オススメメニューです。お試しください。
私はここまで大量にヨーグルトを入れます 豆乳をたっぷり入れます よく混ぜて、5分程度経過してから食べます
カロリー:約600kcal