沖縄の家庭菓子ちんびん

沖縄の家庭菓子「ちんびん」「ポーポー」作りに挑む



ダイエット暦10年の校長が送る、ダイエットレシピを全公開!なぜ40歳超えているのに体脂肪率が5%で推移できるのか?そのなぞが明らかになります。
沖縄の家庭では結構普通に食べられている「ちんびん」ホットケーキの沖縄バージョンのような感じで、黒糖が入っているのが特徴。
都内の沖縄料理店ではなかなか見かけることはないでしょう、それもそのはず、当たり前すぎて(一般的すぎて)料理として提供するには忍びないというのが理由の一つだとか。
それくらい沖縄では家庭のお菓子として定着しています。

[材料は以下の通り]
1、ちんびん粉
2、ミネラルウォーター
3、肉みそ
4、ココナッツ
ちんびん粉という専用粉が有楽町のわしたショップで売られているので、それを使うのが一番手っ取り早いです。
まずは粉200グラムと水200グラム、同量をボールなどに移し、粉気がなくなるまでよくかき混ぜます。
サラダ油をひいたフライパンで薄く生地をひき、表面がぷつぷつとなるくらい中火で焼きあげます。
ちんびん粉と水を同量でよくかきまぜる サラダ油をひいたフライパンに薄く生地をのばす

ひっくりかえすタイミングが非常に難しいです。
下は焦げているのに表面はまだ半生状態、これをヘラなどでうまく返すには訓練が必要でした(校長の場合)
失敗すると焦げますので注意しましょう。
表面が焼けたらひっくり返します 焼き過ぎると焦げちゃいますので注意

数枚同時に焼いてしまうため、焼きあげたらお皿に移しておきます。
数枚焼いたら、くるくる巻いて完成、このまま食べても美味しい「ちんびん」の完成。
焼けたらお皿に移しておきましょう 数枚焼いたらくるくる巻いて頂きます。

様々なトッピングが可能ですが、豚の肉みそをつけて、またはくるくる巻く中に入れて食べてもかなり惜しいです。
こうすると、名称がポーポーというものに変化しますが、本当はもう少し甘さが抑えられた粉を使うのが本来のポーポーのようです。
個人的には肉みそをつけて食べるのがベスト ココナッツミルクを添えても行けます

とにかく薄くやくのが難しい「ちんびん」「ポーポー」。
まだまだ修行が足りない・・・。
目指すは日本で一番美味しいちんびんを作れる職人になりたいのだ!
今回は肉みそを使いましたが、付け合わせは無限大、これから色々なものにチャレンジしてみようと思います。
カロリー:1枚約300kcal