ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



「ダイエットで‐3キロに~」の質問者です。

ご丁寧なご回答有難うございました。
熟読させて頂きまして、大変ためになりました。
追加で、質問をさせて頂いてもよろしいでしょうか。

現在のメニューが筋肉強化よりになっているとの事で、お相撲さんのようになってしまうとの事で、確かに、と納得してしまいました。

私の目指すゴールは、「程よく筋肉がついていて、基礎代謝の高い女性らしい身体」です。

私は甘い物が好きなので、少し食べても太らないように、筋肉をつけて代謝を高くし、燃費の良い体づくりをしたいのです。


今は全体的にぷよっとしているので、2周り程脂肪を落として、シュッとした見た目になりたいです。

体重の目標は、秋ころまでに50キロを目指したいです。
特に腿が太いので、そこから筋肉をつけて脂肪を燃やしていこうかなと考えたのですが、これでは筋肉が太くなるばかりですかね・・・。

食事は今の通りで良いとの事だったので、ジムのメニューを改善していこうと思います。


今後、筋トレは控えたほうが良いでしょうか。
具体的に、「筋トレ何分」「有酸素運動何分」などの目安がありましたら、お教えいただきたく存じます。

有酸素運動は、主にステップマシーンとランニングを各15分から20分ほどしています。
たまにバイクも漕ぎますが、消費カロリーが低いのと、あまり疲れや効果を実感できないので、しないようになってしまいました。

海外の食生活については、あの食べ物がまずい事で有名な英国におりますので、その点では助かっています。笑

ここは野菜とフルーツがとても安いので、毎日それを食べて節約しながらダイエットに励む、という形をとっています。
(旅行や短期の仕事で行く場合は、レストランで美味しい物を食べたくなると思います。。。笑)

上記、どうぞよろしくお願いいたします。



おっと失礼。
一つ飛ばして回答しちゃいましたね、、、親切な読者が教えてくれました。


なるほど、
>私の目指すゴールは、
>程よく筋肉がついていて、基礎代謝の高い女性らしい身体です。

それはいいですなぁ。
校長も、もし自分が女性ならそうした体を目指したいと思っています。

程よく筋肉!というのが大切なんですよね。
やりすぎるのもどうかなと思いますし。


ただですね、最新のレポートでは、筋肉をかなりつけても基礎代謝の増加はさして上がらない・・・らしいのですよ。
まるでやる気をそぐような回答で申し訳ないけれど・・・事実なんです。


ですので、日常生活でいかに「消費エネルギー」を稼ぐかが大切になってきます。
筋肉はあくまでも身体の外観を整えるために鍛え、日常生活の何気ない中に消費活動を持ってくるような習慣を是非手に入れてください。


校長も甘いものが大好きでしてねぇ、、、特に菓子パンでしょ、でもって和菓子、甘くないけど煎餅、、、こいういうのが食べたいときに時間を気にせず食べられたらなぁと思ったりもします。

日常生活で一番エネルギーを遣うのは脳です。
次に無論体を動かす事。

汗をかくことは、体内で熱を産生しているわけですから、エネルギーを消費している事になります。寒くてプルプル震えるのもカロリー消費になりますので、校長は常に薄着です(まさに邪道ダイエッター)。



>特に腿が太いので、そこから筋肉をつけて脂肪を
>燃やしていこうかなと考えたのですが

どうなんでしょうね。
校長はまず脂肪を落としてから筋肉を付けた方がいいかなと思いますが、インストラクターの中には脂肪が無いと筋肉が付かないという人もおります。

行かれているジムの方はなんとおっしゃってるのかな。

あと体質もあるかと思いますね。

私の場合には、むきむきマッチョになりたくなかったので、脂肪を程よく落としてから筋肉を付ける事が功を奏したのかもしれません。


太ももとふくらはぎ、そして背中は、体の中でも特に脂肪が落ちにくい部位ですから、全身からくまなく脂肪を減らせば、自ずと細くなるはずですよ。


筋トレは僅かに減らして、やはり有酸素運動を多めにやられたほうが良いようにも思えます。

校長の例を挙げると、有酸素運動前に脂肪が分解されやすい「遊離脂肪酸」にするため、筋トレを約10分程度行います。

腹筋、腕立て、スクワット、ストレッチをし、この時点で体の内部がほんのりと温まるくらいまでやりこみ、そこからエアロバイクに乗り込むのです。


有酸素運動は心肺機能が問題ないのなら、1日30分以上はやられた方がいいと思います。
燃焼効率は時間と比例して上昇しますから長くやる事に損はありません。
これは、まずは体内のグリコーゲンを使い、次に脂肪が分解されはじめますから、疲れてきたなぁ、、、と感じたら、そこからが本当の脂肪燃焼開始と思うくらいの感覚でやるとよいかもですね。

激しい運動は筋肉と肝臓内にある糖質を使いますよね。
で、脂肪はその糖質を使い終わってからが燃焼の勝負です。

ですので、有酸素運動前に筋トレをする意味は、先ほどの遊離脂肪酸にするという以外に、グリコーゲンを少しでも減らしておくという目的もあるのです。

加えて空腹時に有酸素運動をしたほうが良いという理由も同様です。



ステップマシーンは以前のジムでやっていましたが、脚がどんどん太くなるので止めました。
あれは足腰強化のマシーンですな。


エアロバイクで疲れないのですか?!
ありゃりゃ、、、校長はめちぇめちゃ疲れますがな。

平均心拍数115~140くらいを行ったり来たりする感覚で漕ぐと結構疲れますよ。
あと、30分程度できるなら、最初の5分は立漕ぎで全力疾走し、その後は5分緩めに漕ぐ。
次の5分は高速回転(ダウンヒルの感覚)で、次の5分はインターバル。

こんな具合に5分単位で漕ぎ方を変えると効率が良いと思います。


イギリス在住ですか、、、最近は有名シェフも出てきているし注目されていますよね。
フルーツが安いのは羨ましい限りです。
外交関係の友人が世界一住みやすいのは恐らくロンドンだろう・・・と、言っていたのを思い出します。