ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



非嘔吐過食症のものです。

また質問してしまい申し訳ありません。

23日から1週間半で約2.7kg落ちました。
しかし体脂肪率が30.3%まで増えてしまいました。

食生活はあまり変わらず夜中心に魚・肉を食べる習慣で、変わったとしたら朝にパンを20g前後食べるくらいです。
ジョギングは心拍数が145ほどで、合計1~2時間を目安に走っています。

体脂肪率が変わらないならまだよいのですが、上がってばかりだと気が滅入ります。

校長先生は最初どのように落ちましたか。
かなり焦っていますが、まだ焦らないほうがいいのでしょうか。



こんにちは、校長です。
1週間で2.7kg減少ですか?!
ちょっとペースが速すぎかもしれませんね。

常日頃トレーニングしているアスリートなら1週間で5kgくらい落とすのは可能だと思いますが、食事制限とランニングだけで2.7kg減というのは、ちょっと心配です。

強烈な勢いで体重が減少した場合、その落ちているのは脂肪ではない可能性があります。
おそらく水分か筋肉です。

体脂肪率が減らず、増えてしまったのはそれが原因だと思います。
まず方法を見直しましょう。

食事は普通に糖質を少なめ(無くすわけじゃないですよ)にしつつ、筋肉を付ける運動を行ってみてください。


それから運動についてですが、あまりにも強度が高く心拍数が高い場合だと脂肪が燃焼せず、筋肉を分解してしまう場合があります
ですので、ほどよく汗をかくくらいのペースがお薦めです。

心拍数145というと、かなり「ハァハァ」と息が上がるくらいですよね?
120前後までいったん落としてみてください。


絶対に!焦らないでね。
校長も最初は体重だけにフォーカスして一喜一憂していましたが、本当にダイエットに成功すると「落ちないなぁ」と思っていたら、2週間くらいすると、ストンと落ちやすくなります。
脂肪はそう簡単に、短期間には落ちませんし、緩やかに落とす方が体への負担が少なく、美しく痩せる最短コースです。


逆に急激に体重が減少したら警戒してください。
それは筋力が低下しているかもしれないので、本来のダイエットとは全く意味が違うものになってしまいます。


体組成計を使っていますよね?
だとしたら、筋肉量や骨量、または比率も測定できるはずですから、念のためそれも計って付けておいた方がいいです。


ちなみに校長は体骨格筋比率39%。
女性にお薦めしている比率は35%~37%なので、現在何%なのか後日確かめてみて下さい。


繰り返しになりますが過度な食事制限と急激な運動は、ご自身の体調や精神的なバランスを崩してしまいますから、焦らず急がず、楽しみながら行って下さい。

睡眠が浅くなったり寝不足になっていたらさらに注意です。