ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



もう少し痩せたいです。

身長163㎝ 42kg(たぶん)34歳女性です。

一日10数キロのジョギングと、週数回のホットヨガで39Kg位まで体重が落ち、半年程度安定していました。
昨夏は一時期37kg(夏なのでたぶん汗)まで体重が落ちました。

その後、週に1~2回程度のやけ食いが止まらず、ここまで来ました。


何とかやけ食いせず、でも好きに食べてもう数キロ落としたいのですがすぐやけ食いしたくなってしまい、なかなか落ちません。

むしろ太る一方かもしれず、今は怖くて体重計に乗れません。
もう、これ以上痩せるのは難しいのでしょうか?。



こんにちは、校長です。

ご相談を拝見しましたが、163センチで42キロというと、もうかなり絞れており、低体重の領域へ入っておりますね。

正直これ以上のダイエットは健康を害するかもしれませんが、おそらく目指しているは40キロ以下なのでしょうから、校長なりの考えをお伝えします。

まず37キロまで夏に落ちたのは、ほぼ間違いなく水分が一時的に抜けたからでしょう。
筋肉や体脂肪でもし3kg落ちたらな、大変な変化として生活に現れます、疲れやすくなったり、眠くなったり、声が小さくなったりです。

そうした身体的症状が無いなら、水分が抜けたと考えてよさそう。
水分だけなら1週間以内で体重は増減を繰り返しますからあまり不思議ではないです。
校長も2キロ前後なら水分だけで短期に増減を繰り返しますからね。

さて、問題は「やけ食い」でしょう。
せっかく食事制限し、運動も行っているのに、一時的なストレスから来るやけ食いで体重が増加してしまうのはもったいないです。

でも本当の問題はやけ食いじゃないんですよ。
やけ食いと言うのは、なんらかの問題の結果に過ぎません。

かなりストイックにヨガや運動を行い、さらに食事制限もされている事でしょう。
そうなれば体は栄養不足と認識し、糖質や脂質を補給せよ!と脳に信号を送り、必要以上に体脂肪を蓄積しようと頑張るはずです。
ダイエッターには必ず付きまとう問題、食欲増加期間や過食傾向ですね。

で、どうするかです。

やけ食いをしてしまう時ってほとんど理性を無くしています。
もう食べてもいいや、どうせ頑張ればいいしと。
そうやってストレスを解消しているのでしょうが、過度な空腹感があるとこうした穴に落ちてしまうので、校長は「ちょこちょこ食い」をするようにしていました。

今はもう慣れましたが、やはり過食してしまいそうな時期には、常に腹が6分目~7分目になるよう、ナッツ類、豆乳、ドライフルーツなどをちょこちょこ食べていたんです。
そうすると、血糖値が常に安定するので、さほどお腹が減らないですよ。

我慢して食事間隔が開くと、血糖値が非常に低い状態となるので、空腹感も強くなります。その状態で食事をすると血糖値が反動で大きく上がり、インスリンが働いて今度は血糖値が急降下し、またお腹がすくというサイクルに入ります。

そのため血糖値をマネジメントすると言うのが、ドカ食いややけ食いを防ぐ方法だと思っています。

今の体型から体重を2キロ~3キロ落とすのは容易ではありませんね・・・。
もう食事制限だけでは落ちないと思うので、必要最低限の栄養素を補給しつつ、運動を続け、基礎代謝を少しでも挙げないと難しい領域です。

筋肉量が記載されていませんでしたが、このレベルまで来ると、レプチンや成長ホルモンといった体の内部構造まで理解しながら取り組まないと効果が出にくいと思います。

レプチン→チートデイを摂り入れる
成長ホルモン→安静時代謝を考える

ETC・・・

しかし今の身長から考えればこれ以上のダイエットは多くの方から反対が出そうですね(*_*)