ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



何をしたらいいのか分からない

校長、こんにちは。

20代女性のゆかと申します。
体重63kg, 身長164cmです。

目標体重は49kgです。
ダイエットはストイックにやってしまう性格で、いつも長続きしません。

55kgまでは短期間で落とせますが、そこからまたリバウンドするということを何度も繰り返してきました。

わたしの仕事は不規則で、運動、食事が思うようにできませんが、できる範囲で頑張ろうと思います。

校長、なるべく短期間で痩せられる食事、運動メニューを考えていただけないでしょうか。



こんにちは、校長です。
相談拝見しました。

ちょっと校長の意見を伝える前に、ダイエットについての取り組む姿勢について話しましょうか。

あのね、まず今までリバウンドを繰り返してきたわけでしょ?
それの原因をしっかり考えないと、今回また痩せても同じこと(リバウンド)の繰り返しになっちゃうじゃないですか、校長はそういうダイエットは絶対にすすめたくないんですよ。

痩せたい理由が書かれていませんでしたけど、やっぱり美容と健康を手に入れるためでしょ?
そのために最も重要なことは、痩せた後の身体以上に「私はいつでも痩せることができる」という思考と環境を手に入れる事なのね。

なので校長は焦って急激に痩せるのはおすすめしません。


これを前提として相談に回答してみましょう。

20代という事なので、基礎代謝は十分!
そして164センチという恵まれた身長!
そしてストイックな性格!

いや~、すばらしい。

目標体重まで約14kgだけど、食事を見直して校長の推奨する運動を行えば半年~1年で実現できると思うよ。


今回の相談では、体脂肪率や食事内容が書かれていないので、あくまでも校長の想像で回答しちゃうけど、短期間で55kgまで痩せたというのは、おそらく極端に食事を制限して、筋肉と脂肪を落とした結果じゃないかな・・・と思います。
でもね、これはNG行為。

ダイエットで絶対にやってはいけないことがあります。
それをいくつか書いてみましょうか。

1、筋肉を落とす行為
2、絶食、単品食に偏る食事
3、嘔吐や下剤を服用すること

です。

多くの人は痩せたいだけでなくて、痩せ続ける自分を手に入れたいと思うでしょう。
人は食べない事を永遠に続けることなどできないし、栄養が偏れば体は飢餓状態と思って脂肪をため込みやすくします。
なので、きちんと食べて理想体型を維持するには、食欲をコントロールしながら栄養を補給し、楽しみながら運動する。
もうこれしかないんです。

なので5大栄養素はきちんと摂ってくださいね。


さて、相談の主題である運動です。
ストイックな性格ということなのですが、この性格には2種類あります。

それは、苦痛に耐えられるストイックさと、決めたことを必ず守れる意志力です。
両者は似ているようでちょっと違うんです。

主に女性は前者、短期~中期で苦痛に耐えられる忍耐力があるため、短期痩せに向いているんですが、これは長期間持続できません。
対して意志力は成果が出るまでは時間がかかるけれど、長期間持続できる力です。

深いことを考えず、1点集中突破力のある男性に与えられる場合が多い力です。

女性の方が理想体型を維持するには、後者の意志力を手に入れ、苦痛をストレスと感じない鈍感力が必要になるんです。


14キロの減量を全て脂肪でカバーするとなると、105,000キロカロリーを消費する必要があります。
これをそれぞれの期間で割り算してみると・・・

1年で減量する場合 :291kcal/日
半年で減量する場合 :583kcal/日
3ヶ月で減量する場合:1166kcal/日

このカロリーを消費する必要があるわけですね。
そう考えると、3ヶ月で目標体重まで痩せる事はほぼ現実的ではないことが理解できるでしょ?

もし半年を目標とした場合でも、クロストレーナーかエアロバイク1時間を毎日続けるか、ハーフマラソンを毎日行えば実現できるけど結構しんどい。
なので、校長は1年を目標にしたらどうかなと思います。

そうすれば、自分の理想体型を手に入れるだけでなく、痩せる事への習慣が身に付くはずだから。

1日300キロカロリーなら10キロ程度のマラソン。
30分程度のジムの有酸素運動で実現できる消費カロリーなので、ストレスもさほどかからないと思うよ。
しかもこれは食事が通常食の場合だから、食事制限(コントロール)を行えば、毎日運動しなくても実現できるわけです。
食事制限をして運動も行えば、想定よりも早く目標体重になれるはず。

だけれどこれは誰もが通る道だとは思うけど、ダイエットを長くやっていると必ず「ドカ食い衝動」や「倦怠期」に襲われます。


倦怠期について・・・。
リバウンドしちゃう理由の多くは、体脂肪率が落ち始めるとレプチンというホルモンが機能しなくなって、脂肪が燃焼しずらくなるんです。
なので、痩せれば痩せるほど痩せにくくなるから、階段を降りるように痩せては踊場で停滞期を迎え、また痩せては踊場で立ち止まる感じで体重は落ちてゆきます。
ほとんどの人はこの「踊場(倦怠期)」で挫折して食事をもどしてしまうわけね。

なので、これから食事を見直したり運動を行っても、なかなか痩せないなぁ・・・と感じるときがあるけれど、それは確実に痩せ始めている証拠だから、ここでストイックな意志力と忍耐力を使って乗り切ってくださいね。


ドカ食い衝動も抑えられない場合もあるでしょう。
校長だってめっちゃ食べちゃう時があります。

だけど1ヶ月に2回程度のドカ食いならほとんど影響はないです。
一番よくないのは2日や3日連続でたくさん食べちゃうこと。
瞬間的なドカ食いなら、日ごろの運動と食事制限で吸収できるからです。


ちょっとまとめましょうか。

・まず短期間で痩せようとは思わない事。
・大切なことは痩せる習慣と思考を手に入れる事。
・食事を見直し、決めた有酸素運動をなるべく毎日行う事
・倦怠期は意志力で乗り切り、ドカ食いはストレス解消行動として許しちゃう

以上だす!
物足りない・・・・かな?

もっと早く痩せたいと思うかもしれないけれど、20代はまだまだ体が成長をしたいと思う時期なので食欲も旺盛だろうし、友人付き合いもあるでしょうから食事をする機会が多くあるでしょう。
なのでなるべく運動で毎日のエネルギーを消費する習慣を手にしてください。

それはあなたの財産になり、30代、40代の基礎代謝が低下した年代になったとしても、その「習慣」が必ず役立つはずです。