ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



46kgのときの体脂肪率が21~22%でした。

お返事ありがとうございます!
ガリガリの相談主です

元の46kgのときの体脂肪率が21~22%でした。
そのときでも胸はなくて悲しい感じだったのに、今はまな板です。泣

体重戻ってくれば自然についてきますよね・・・。泣
じゃないとがんばって体重増やすやる気が・・・。泣

大胸筋のトレーニングですか、腕立てふせですかね?毎日やります!


ふむふむ。
ウォーキングも必要なんですね。
休日くらいしかできないけどやってみます!



ご飯の量が多いのは、母にご飯が一番太るから食べなさい!と言われたのです。
ご飯ならいっぱい食べれるしいいかなと思ってました。
おかずも少し増やしてもらうか、自分で買ったりして見ます!


オリーブオイルは便秘解消にヨーグルトに混ぜています。
ちょっと脂質の取りすぎかな?と悩んでいたのですが、便秘になると食欲不振になり、少ししか食べるなくなったりするので(汗)
でも脂質なのでやめた方がいいでしょうか?。


血糖値図るのも探してみます!
食事は今くらいを続けて、食べたい時に菓子パンとか食べます!
というか、実はわたしも昨日おっきいシュークリームを夕食後に食べちゃいました!笑




ちなみに・・・
わたしは何でも自分を追い込む癖がありまして、今までやってきた腹筋も筋肉痛になるまでやってしまいます。
筋肉痛が起こる程やってしまうとあまり効果がないのでしょうか?。

またまたすみません。
小さなことも気になってしまい・・・。
お時間ができた時にお願いします。


ありがとうございました!



お待たせしました校長です。

う~む。
校長の想像とは違いましたね、現在体脂肪率14%前後で、以前の体重の時が22%弱だったと考えるれば、減量の多くは脂肪によるところが大きいと言えます。

校長は筋肉が減少したと思っていました。
もしそうなら、体脂肪率が同じか、増える事が考えられるから・・・。

となると、現在の食事と生活習慣で短期間に大幅に脂肪が落ちたと言う事になるわけだけど、ここがどうしても心配、ほんとうにそうなのかどうなのか。
体重が減った状態(または食前食後等)で体組成計に乗ると、水分量によって体脂肪率が大きく変動しますからね。


なので念のため筋トレはやりましょう。
もしかしたら元々の筋力が少ない事も考えれるし、現在ガリガリに見えてしまうと言う事自体、筋量が少ない事が考えられるので。

胸を大きくしたい、または張りを保ちたい場合には、手を広げて腕立てをするとよいですよ。
両腕の間隔を狭くすると、腕に負荷かかりますが、広げると胸に負荷を感じると思います。


お母さんの言うとおり、ご飯は確かに太りやすいですが、炭水化物だけを大量に食べたからと言って必ず増量できるわけではないです、炭水化物はあくまでもインスリンのスイッチと1グラム4キロカロリーの栄養源ですから、ここに脂質とタンパク質が加わって体が構築されてゆきます。


>オリーブオイルは便秘解消にヨーグルトに混ぜています。

なるほど、この点から食物繊維も摂取したほうがよいですね。
太りたい場合には脂質が重要な鍵になりますが、脂質は食物繊維と同時に摂取すると吸収が悪くなるので、なるべく最初にたんぱく質と合わせて摂った方がいいですよ。

でもねぇ、これだけの炭水化物と脂質を食事で摂取していながら体重が増えない?
初めての経験で困惑しています。
一部のフードファイターみたいな人たちは身体的な構造に特徴があるので特例としても、あなたは通常体質ですよね・・・なのに太らない、しかも脂肪が落ちている。


難しい。


筋トレは筋線維が破壊され、それが修復される段階で強化されます。
そして筋肉痛はこの線維が破壊された段階らしいので、筋肉が増えるサインだと思って下さい。
※筋肉痛の理論は未だ議論中だそうです

ちなみに筋肉痛にならなくても筋肉はちゃんと増えますからね。
なので、ストレスを感じるほど無理してやる必要は無いです、軽めに流す程度を毎日やってもいいし、週に1回、筋肉痛になるまでやるのもよいです。

筋肉が付いてくれば自分自身の見た目が変化しますから、自身がその姿を受け入れられるか否か?という事で判断するとよいと思います。
「ちょっと全体的に付き過ぎたなぁ」と思えば控え「この辺がちょっと細いかな??と思ったらそこを強化するわけです。

例えば校長はマッチョを目指しているわけではないので、極端な胸筋と腹筋、脚の強化は行わないようにしています。


まずは筋トレを軽く行い、食事にたんぱく質、青魚系の脂を追加してみてください。
もし食欲的にこれ以上食べれない・・・という事なら、ちょっと量的に多い炭水化物を減らしてたんぱく質と脂質を増やしてみるとよいかも。

これで2ヵ月程度取り組んでみて、体重と体脂肪率の変化を見てみたいです。