ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



毎日の口癖はダイエット

こんにちは!私は細すぎず太すぎない普通の体型になりたいです!
私は今、身長156㎝体重65㎏のデブです!

学校でも毎日のように「デブ」「痩せろ!」と、言われています!
小さい頃からおんなじような体型で、痩せた事がありません!
今ではダイエットをしていないのに、ダイエットが口癖になってしまいました!
だから私はどうしても痩せたいです!過去を振り替えってみれば...服屋に行っても想像していたような服を着れなかったり、友達とお揃いの服を買う事になっても自分はサイズがなく、迷惑かけたり、デブでよかったと思った事は1度もありません!

でも、何から始めたらいいのかわかりません!
いつ歩くのがいいのですか?わからないことばかりです!
教えてください!



若いですねぇ。。。
まずびっくりしたのは、文章の中でつかわている「!」びっくりマークの多さですよ。
若い証拠!?いいなぁ。

さて、実はダイエットスクールは20歳未満の方にはダイエットは推奨していないんです。
なぜなら体がこれからかなり変化するからです。

校長の周囲でも学生時代はかなり太っていたのに、社会人になってからモデルさんに転身した人さえいます。

なので体が成長をしている20歳までは、食事制限などは行ない方法で痩身を考えましょう。

156センチの65キロというのがどれくらいの体格なのかは分からないけれど、ぽっちゃり体型なのではないでしょうかね?
自分が言うほど「おデブ」ではないかと思いますが。

普段あなたに見慣れている人が、もし痩せて登場したら驚くでしょうね。


さて、これまでにダイエットを始めた事が無いという事ですが、20歳以下の方に取り組んでほしい事をいくつか挙げてみます。

1、しっかりと部活を行い運動を心がける
2、夜中まで起きるのは控え、遅くとも22時には就寝し熟睡する
3、間食(特にポテチ、アイス、クレープ、ケーキ)等は極力避ける
4、夕食はなるべく早い時間帯20時頃前には済ませ、就寝2時間以内には食べない
5、自分はデブなのだ!という思考と決別し、自分は美しくなる過程にある存在なのだと理解する事

これが校長の考える5段ステップです。


痩せる目ていもとても大切です。
周囲に「デブ」「痩せろ」と言われた事による見返しで痩せようとしてもモチベーションは持続しません。
あなたが本当に痩せたいのなら、痩せた自分をイメージし、理想の自分を頭に描く事です。

周囲から聞こえてくる雑音はあなたへの応援メッセージだととして捉えましょう。
あなたが痩せ始めれば、これまで散々悪態をついてきた人々が態度をころりと変化させてあなたを称賛する人に変化したりします。

これは校長の周囲に居る人たちを見ていますから自信あります。
あなたに言葉をかける人というのは、少なからずあなたに関心がある証拠です。
もし全く気にもかけていなければ無関心でしょうからね。

あなたの変化に最も早く気付いてくれるのは、これまで悪態をついていたそれらの人々です。


ダイエットで重要な事は目的と目標。
そしてやりぬく根気力です。

終わりは無いと思って下さい。
目標体重に達したら、今度はそれを維持するための生活習慣を体得する時期に移行します。

常に自分との戦い、それがダイエットです。
そのため誰かを見返したり復讐的な動機で始める事には賛成できませんし、何より長くは続かないでしょうから。


ぽっちゃりした人が好きという人も居ますが、人の魅力は外見ではなく99.9%内面です。
芸能界にもぽっちゃりタレントさんが居ますが、彼らが太っている事を悩んでいるでしょうか?むしろその個性を活かして楽しんでいるようにも見えませんか?
そうなんです、自分を否定せず与えられた環境を十分に楽しむ事が、人生を輝かせるポイントなのだと思います。

もし痩せたいと自分の内なる声が沸き上がった時に初めてダイエットすればいいのです。