ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



非常に燃費の良い状態を打開するには

前回相談させていただいたら、とっても詳しくご説明いただき本当にありがとうございました。

去年一年かかってもやせられなかったので、今年こそはと、年初めそうそうにジムに入会、パーソナルトレーナーも1ヶ月に1度という割合でお願いし気合十分で臨んだわけですが・・・なぜか少しずつ体重が増加しております。

55~56キロの間を推移しており、更に体脂肪も24~25%と上昇気味。
もしかして飢餓モードに突入しちゃったかな?と思いはじめた次第です。

カロリーはアプリで入力・管理しているつもり?
夕飯は炭水化物無しで、できるだけ鶏肉や魚を食べるよう努力しております。
最近はパスタやラーメンもやめて、昼食を多めに、するよう心がけているのに、なぜか55~56キロから体重が落ちません。
じゃー、ウエストとかが細くなってるのかな?と思って測ってみるとこれまた変化なし。

カニ足スクワットは朝と夜に10回ずつやるようにしましたし、ジムにあるプールダウン?や、レッグプレスという機械も20回ずつやるようにしました。
ベンチみたいなやつに寝て、ひざを90度に曲げてやる腹筋も15回ずつ、先週からやり始めました。

日本車のような非常に良い燃費の状態から脱出する方法を助言していただければ幸いです。
よろしくお願いします。



こんにちは校長です。
お返事遅くなりまして、本当にごめんなさい。

校長は我儘なので・・・気分が乗らない時に解答すると中途半端になってしまいます。
なので体調管理ならぬ、気分管理が重要なのです。


去年減量目標を達成できなかったので、今年からは!と気合を入れられたわけですね。
ふむふむ。

ジムで運動しているのに体重が増加気味というのは気になります。
身長が164cmと恵まれているので現在の体重(55kg前後)でも決して太っているとは言えませんよね。
むしろ標準体重で健康的です。

しかし美容体重となると40kg台中盤~後半まで落とす必要があるはずなので、若干高めの体脂肪を減らして実現したいところです。

飢餓モードになったのか?!という事が相談に書かれていましたが、これは度々サイトでも登場しているレプチンが大きく関与しています。
通常は体脂肪が減少し始めるとレプチンの機能が落ち、これ以上体脂肪を減らさないようにしようと体は踏ん張るわけです。

しかしあなたの場合には去年それほど体脂肪が落ちていない?!と思いますので、この限りではないでしょう。
となると考えられる問題としては、摂取カロリーが消費カロリーと均等か若干多いということ以外にありません。


食事をかなり減らしているようですが、当然ながら摂取エネルギーが減り始めると人は不足分を脂肪と筋肉等からエネルギーを再取り込みし始めます。
さらに厄介なのが慢性的な空腹感は無意識に体の消費カロリーを減らすように方向づける点です。

例えば声が小さくなる、歩幅がせまくなる、日中も眠くなり、あまり挑戦的ではなくなる・・・などです。
何か該当する事はありませんか?


特に炭水化物を抜くと脳に直接的な栄養が届けられなくなるので、思考力が落ちたりぼけーっとするようになったりします。
この先を抜ければケトン体質になって脂肪がじゃんじゃん燃焼されるのですが、そこまでにはまだ道のりは長いかもしれません。


また、これも肝心な事ですが、本格的に気合いを入れ始めたのが今月からですよね?
となるとまだ1ヶ月しか経過していないので分かりませんよ。
もしかしたら体重が見える形で減っていないだけで、脂肪は燃焼し始めているかもしれません。

1kgの脂肪を落とすには7500kcalの消費エネルギーが必要ですが、これを1ヶ月30日で割り算すると毎日250kcalとなります。

また2kg、3kgとなればその分が上積みされますから、目に見えて体重が減っている!と1ヶ月で実感するにはかなりの減量が必要だということがお分かりになるかと思います。

食事によってグリコーゲンに蓄積されるエネルギーは4倍の水分分子と結合しますので、毎日体重は1gk~1.5kgは増減するので、こうした事に隠れて減量分が見えなくなっている可能性も否定できません。



食事内容も問題ないと思いますし、ジムの運動とスクワットを是非継続し、とりあえず2月中旬~末まで続けてみてください。
少しでも基準体重と体脂肪率が落ちているなら方法は間違いでは無いという事になります。


すでに標準体重~やせ形に分類されているので、ここからの減量はかなり難しい点だけは理解しておきましょう。
何よりも大切なのは継続力・根気力です。

今行っている方法がまずは正しいのか否かを2月中に判断し、その先に未来があると確信できれば、あとは続けるだけです。

是非頑張ってください!応援しています。