ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



今度こそ痩せたいです!!

はじめまして!いつも拝見させてもらってます!
いきなりですが、私は今度こそ痩せたいです!

今ジムに通っていますが、全く?と言っていいほど、お腹と、下半身!特に太もも、ふくらはぎが痩せません。

そして、食べすぎるてしまうと、すぐに体重に、反映されてしまい、ずっとそれの繰り返しで、痩せれません。。

校長の様に、食べすぎるても太らない体を徹底的に作り上げたいので、是非詳しく教えて頂きたいです!!

ジムでどのようなメニューをどの位したら良いか、有酸素運動は、どのようなタイミングで取り入れていけば良いかなど、本当に細かく教えて頂きたいです!

また、腹筋を割る為の近道として、体脂肪率を下げると言われていますが、どのような手順で、腹筋を割る事ができるか、教えて頂きたいです!
どうか助けてください!
回りには、太っていると言われて、悩む毎日です。



こんにちは校長です。
お返事遅くなってしまいごめんなさい。

ちょっと体調不良があってね、、、もう完治?!したのでようやく返信できる状態になりました。


さて、今度こそ痩せたいという表題を見た時、なるほどこれまでの方法で何かしらの問題があって、思うような効果が出てないのだなと思いました。

とっても常識的な事を言っちゃうと、痩せるには「食事と運動」の2つの生活習慣を改善すれば必ず成果が現れます。
現在ジムに通っているのに効果が無いと言う事は、ほぼ間違いなく運動方法に課題があるか、食事に課題があるかのどちらかだと思います。


しかし下半身、特に太ももとふくらはぎは痩せ始めて最後に細くなる部位です。
個人差はありますが日本人の体質は下半身が太くなりやすいのでしょう。
上半身はほっそりしているのに、脚だけは太いという悩みを抱えた方を今まで何人も見てきました。

食事をすると体重に反映しやすいというのは健康な証拠ですから、これは体を恨む必要は無いですよ。
むしろ食べ過ぎるという感情面をコントロールしなくてはならないと思います。

>校長の様に、食べすぎても太らない体を徹底的に作り上げたいので

いやいや、校長も食べ過ぎが連日続けば確実に太りますから!
ただ、メリハリを付けて食事をしていることと、運動面でそれを補う消費カロリーを稼いでいるだけです。
食べても太らない体質の人はよほど褐色脂肪細胞が多い恵まれた体か、吸収能力が弱くほとんどが廃棄(排便)されてしまう特異体質の人だけです。

後天的に太りにくい体質にするには筋力を上げて基礎代謝を上げるか、日々の生活で消費カロリーを増やすような習慣を手に入れるしかないでしょう。
ちなみに筋力を上げるといっても、男性並みに筋骨モリモリになったとしても、基礎代謝など200キロカロリー程度しか上がりません。

筋肉が増えると暫定的にグリコーゲンを貯蔵できるスペースが増えるというのが大きなメリットです。
体はグリコーゲンからエネルギーを使い始め、減ったらグリコーゲンへまずは補充します。
それを上回るエネルギーが摂りこまれた時、脂肪へ貯蔵を開始するので筋肉が増加すると脂肪へ回されるまでに時間が稼げるという事になります。


さて、今体に付着している脂肪を落とすのに最もよい手段は言うまでも無く有酸素運動です。
有酸素運動はほどよい汗をかきながら、適度な心拍数で長時間やる事が効果的。
ランニング、クロストレーナー、ステップマシーンなど様々な方法を試しましたが校長の感想から言うと、エアロバイクが足腰に負担が無く、ほどよい消費カロリーが得られるので続けやすいです。

他のステップマシーンやランニングは、ともすれば下半身の増強も同時に行ってしまうため、悩まれている太ももやふくらはぎがさらに太くなってしまうかもしれませんしね。


有酸素運動で脂肪燃焼を有利にする時間帯は、コラムでも数回書いていますが間違いなく朝です。
しかも空腹時に行う事がポイント。

人は低血糖状態だとグルカゴンが出ています、これは脳が「エネルギー不足だよ→じゃあ脂肪と筋肉を分解して活用しよう」という状態です。

そう、エネルギーは脂肪だけでなく筋肉も同時に分解しながら使われます。
なので、できれば脂肪を多めに消費してほしいわけで、校長はここでサプリを活用します。
イグナイトやBCAA、、カフェイン、Lカル二チンなどはそれを優位に働かせる優れたサプリだと思っています。
サプリが嫌なら朝コーヒーを2杯程度飲んでから運動するとよいと思います。

そして運動に朝食を摂りましょう。
これは朝、昼、晩と、全てに言える事ですが、食事後のエネルギーは筋肉細胞と脂肪細胞へ同時に摂りこまれます。
しかし運動をするとインスリンとは別経路で骨格筋膜表面へ優勢にエネルギーが摂りこまれ、食事のエネルギーが脂肪になりにくくグリコーゲンになりやすいと言われています。

もし炭水化物が大好きでパンやご飯をドカ食いしたいなら、その直前に30分でもいいので有酸素運動をするとよいと思いますよ。


腹筋を割る。
なるほど、スレンダー・モデルさん体型を目指しているのでしょうかね。
まず腹筋は誰でも元々割れているものです、ただ体脂肪率が高いとそれを覆いかぶさるようにお肉がついてしまい、元々割れている状態が見えなくなっているだけだと言う事です。

例えば力士は凄まじい腹筋を所有しています。
しかしお腹にそれらしい割れた腹筋は見つかりませんが、言うなかれ脂肪で隠れてしまっているわけです。

女性で割れた腹筋、もしくは縦の筋が欲しいなら、体脂肪率を15%前後まで落とさないと難しいかもですね。
さらにベースとなる腹筋も付けるべきでしょう。

校長はほぼ毎日(サボっても3日に1回程度)腹筋100回を日課にしています。
そうしないとすぐに柔らかお腹になってしまい筋量を維持できないからです。

病気で入院などをすると、退院時に目に見えて筋力が低下する姿を見ても、筋肉は絶えず刺激を与えていないと直ぐに貧弱になってしまうと思うんです。

ですので、筋トレが苦手なら日常生活で筋トレに近いような習慣を手に入れてください。
歯ブラシをする時には脚を広げて腰を落とし、お尻の筋肉を強化すれば小尻になれます。
また散歩や通勤、買い物をする時の歩き方も横っ腹の腹直筋を伸ばしながら歩くと、ウェストを絞る事に加え綺麗な腹筋を手に入れられます。


ポイントは辛いと感じない程度に筋力強化と有酸素運動を習慣化する事です。
ストレスはダイエットの敵であり、辛いと思いながら続けるとそのストレスがいつまでも自分を追いかけてきます。


強烈な食欲、特に炭水化物のドカ食い欲求が出たら、まずお茶を飲んで5分待って見てください。
お腹に何かが入って数分経つと、さっきまでの強烈な食欲がどこかへ飛んで行ってしまう事が「たまに」あります。
それでも収まらない時にはドカ食いの被害を最小限に抑えるため有酸素運動を行い、ブロック系のサプリを上手に使う事です。

まぁ食べたい時にはそんな冷静な判断が出来ないくらい全身食欲の塊になるんですけどね・・・感情面をコントロールするのもダイエットでは重要なコツですから。


おそらく直ぐに効果として現れる何かしらの手段を期待されているのだと思います。
しかしその方法では短期的には成果が現れますが、痩せた後の最も辛い体型維持期のモチベーションを持続することが出来ないでしょう。
ですので、時間はかかるけれども成功率が高い方法を今回は書いてみました。