ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



受験生かつ寮生です。


はじめまして。相談がサイト内でできることに
興味とありがたさをもって投稿しにきました!

現在156cm,57-58kg,体脂肪が27-30%です。

現在、浪人しており寮生活を送っております。
昨年、現役生だったころ勉強の合間に
チョコなど多量の糖分をとり、また
ご飯などもお腹いっぱいに食べ、
それでいて全然運動をしなかったため
夏まで52kgだった(その時部活がハードだったためちょっと痩せた方)のが現在の体重になってしまいました。

私は基本はあまりみんなと変わらないくらいの
ご飯の量なのですが、(時には少食だねといわれることも)
全然体重は減りません。
また、友達がダイエットを始めて一週間で3kg落ちた
などよく聞きますが私は何ヶ月もかかってしまいます。
なぜ自分が、痩せないのか理由もわかりません。

でもこのままではダメだと思い
受験勉強をしつつダイエットもしたいと考えるようになりました。受験生だからといって運動する時間がないわけではないので運動も取り入れたいのですが
環境があまりありません。寮生活のため門限は21:00で
運動ができる施設等もありません。今は週一でバイクをこいでるのみです。
ご飯は朝食(和食)>昼食(お弁当屋さんのお弁当)>夕食(和食)です。朝食と夕食は栄養士さんが作っているそうなので栄養は心配ないですが、品数があり少し量は多めです。なので一応白米は少なく盛るようにしています。
間食はあまりしていませんがたまにヨーグルトなど食べます。
今このような生活を送っております。
ダイエットの目標としては9月までに52kgくらいになりたいな、というのが理想ですが、1年越しに-10kg達成できればとても嬉しいという考えです。

私はダイエットするにあたって
ご飯や運動をどのようにすればいいですか?
御回答いただけたら光栄です。



こんにちは校長です。
GWもついに終わりますね。
お休み中の食事はマネジメントできましたか?


さて、お悩み拝見しました。
現状の環境としては受験生であること、勉強が中心であることと、門限等により運動を行える環境は極めて限定的である事。
食事は栄養士さんが作って管理してくれている。

現状:156cm×58kg前後 体脂肪:27-30%
目標:9月までに52㎏、さらに1年かけて10㎏減の48㎏


なるほど。
数値だけ見れば決して難しくないと思います。

限られた環境化で、あと6kgを落としてゆくとなると、まずエネルギーのインプットである食事と、日常生活自体をまるで運動のように燃焼行動にする事がポイントでしょう。



まず食事についてです。
管理栄養士の方は確かに素晴らしい知識を持ち、皆の健康と成長を考えて数多の食材の中から日々献立を考えて作ってくれています。

少しビジネス的に考えてみると、彼等の仕事は「寮生活をする相談者様達の健康維持」が一番です。
もし寮生全員が風邪をひいてしまったり、何かしらの体調不良になれば、真っ先に食事を管理する管理栄養士さんへの責任が問われることにもなりかねません。

あなたが「量が少し多い気がする」と感じたのは、おそらく食べる生徒さんの中には苦手な食材や食べられない料理などもあるかもしれません。
それらも考慮し、必要栄養素は十分にカバーしながらも、提供された全てを完食しなくても栄養が補強できるように量が多少多めに作られている?!とも考えられます。

一度、栄養士さんに伺ってみたらいかがでしょうか、1食のエネルギーがどれくらいなのかと。
それによって、提供された食事を完食した時のエネルギーを考慮し、1日の総摂取カロリーを把握しておけば、間食をマネジメントしやすくなりますからね。

どれほど運動していても入ってくる食事のインプットが多ければ絶対に痩せませんよ。
なので、まずは自分が毎日どれくらいのエネルギーを摂っているのかを漠然とでもいいから把握しておくことは極めて大事です。


お友達の話題が出ていましたね。
1週間で3kg痩せたとか。
そういう外部情報はあまり意識しないようにしましょう。

人にはそれぞれの体質があります、ダイエットは単に減量する事が目的ではなく「痩せた状態で健康を維持するための生活習慣を手にする事」なので、短期間で痩せた、太ったという議論は無意味だからです。

1年かけて10kg痩せると言うのは、そういう意味ではとても素晴らしい思考です。
1ヶ月1kg弱づつ落としてゆけば、体には負荷が少なく、なおかつ自然と体重維持のテクニックを習得する事ができると思います。

運動といっても、自室で出来る腕立て、腹筋、スクワットからでもよいのでやってみる事ですね。
実はこれらは筋トレに思うかもしれませんが、例えばカニ足スクワットなどを超スローペースで行うと有酸素運動の効果も出てきます。
またストレッチもやり方次第では十分脂肪を燃焼する運動になるはずです。

急激に痩せる事はありませんが、摂取カロリーが正常の範囲内ならば、毎日自室で軽めのスローな筋トレと歩き方や座る時の姿勢を工夫すれば、日常生活での消費カロリーが増えるはずです。
身長を考慮したとして1年で50kg近くまでは落ちてゆくと思います。


9月ということはあと5ヶ月ですね。
1ヶ月1㎏ちょいの減量となりますが多分可能ですよ、上記をしっかりやっていれば。

ただ、もちろんチョコレートや菓子類の間食は可能な限り控えましょうね。
菓子類はびっくりするほどカロリーが高いです。
2週間に1度くらいの間食はかまわないとは構わないと思いますが、その前に現状どれくらいの総摂取カロリーになっているのかを知る事が先です。


先ほど書いた「腕立て」「腹筋」「スクワット」これらは必ず毎日やっててみてください。
それぞれ10回程度でかまいません。
毎日続ける事が大切です。

勉強をしていると、無意識に姿勢が前のめりになってしまい、頭が下にさがってしまうでしょう。
これは体がなるべく楽な姿勢をしようとするからです。

気付いたら背筋をピシッと伸ばし、腹筋へ意識するように座るとそれだけで全然違います。


45分に1度は休憩をし、その際、腕をゆっくりまわして肩甲骨を開いたり閉じたりするようなストレッチを入れてみてください。
肩甲骨周辺には「褐色脂肪細胞」があります、これは脂肪燃焼効果が極めて高いので、活発化させると痩身効果があると言われています。


体重も大事ですが体脂肪率へも意識を向けましょう。
スレンダー体型を目指すなら体重減少を体脂肪燃焼で実現する必要があるので、体重が減ると同時に体脂肪率も減っているかをよく観察してください。
体重が減少しているのに体脂肪率が減っていないなら、筋肉を維持する努力が足りないか、有酸素運動が足りていない事になりますからね。


まずは上記を是非やってみてください。