ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



足のダイエットについて

昔から何もしていないのに足が太くなり、よく見てみると筋肉なのですが、脂肪もあります。
そういう時はどうダイエットしたらいいのでしょうか。



なるほど。
短文ですが明快な質問ですね。

「何もしていないのに太くなる」そう書かれていますが、まず初めに「太くなる」という感覚はあなたが他の誰か(おそらく無意識に理想としているふくらはぎの太さ)と比較している主観的な感覚です。

もっと太い人から見たら、おそらくあなたのふくらはぎも太くは無いと思うでしょう。


人の体は体型と体格によって形造られます。
おそらくこれはDNAなどの遺伝的な要素が関与していて、お尻が大きくなりやすい人、顔が大きくなりやすい人、さらに内臓脂肪が増えやすい人や皮下脂肪に付きやすい人と言った具合です。

もし全ての人が後天的な努力で同じ体型になってしまったとしたら、人類の生殖行動に大きな影響が出るかもしれません。
それは男性でも女性でも好感を持つ外見的タイプがあるからです。

全ての男性が細くてスレンダーな女性に好意を持つとは限らないし、全ての女性が筋骨逞しい男性に惹かれないでしょう。
なので、人にはそれぞれ大きな枠組みとして「体格」が与えられ、後天的な努力、つまり食事や運動で体型が有る程度変化させられると思うのです。


おそらく相談者さんの場合、ふくらはぎが太くなりやすい体格なのかもしれません。

と、ここで解答が終わってしまったら意味がありませんので、後者の体型を変える事に焦点を当ててみましょう。


まずふくらはぎだけを細くするという部分痩せは非常に難しいです。
これは校長のダイエット生活で感じた事ですが、体の部位で細くしにくい部位があります。
それが「ふくらはぎ」「背中」「横っ腹」です。

どうしてなのかははっきりと言えませんが、まずふくらはぎは日常生活で毎日筋肉を使うからでしょう。

そのため、運動の方法を間違えるとさらに強化され太くなってしまいます。


かといって食事制限だけでも落ちにくい部位ですから、ふくらはぎに負荷をかけずに体全体の脂肪を落とす運動をしていく必要があります。


校長も脚を太くしたくないので、昔はステップマシーンやトレッドミルと言った足腰を使う有酸素運動をしていましたが、今は座って出来るエアロバイクに変更しています。


是非体脂肪率を落としてみてください。
全体の脂肪が落ちてゆけば、ふくらはぎも自然と細くなるはずです。

まず現在のふくらはぎ周囲を計測しておき、1ヶ月、2ヵ月と有酸素運動を行ってどの程度周囲に変化があるか経過観察をしてみてください。


もし体脂肪率が変化しているのにもかかわらず、ふくらはぎの周囲が変化しないようなら別の原因が考えられますので、もう一度相談してください。