ダイエット スクール

大人ダイエット相談室


何ともしつこいお肉を目立たなくする方法その2

すいません、前回体重のところに年齢を入れてしまったようです。
ですのでまだ体重は55-57kgの間を、体脂肪も24~26%を行ったり来たりです。
ですので目標の美容体重(52Kg)まではまだまだでーす。

ただ今、カロリーは最高1300まで、1日800カロリーを運動だけで消費。
お腹がすいたらプロテインドリンク(水で割っているので粉のカロリーだけで済みます)、午後8時までには食事も運動も終わらせて、夜中の12時迄には寝る。

計算上50日で目標達成予定。
年末に日本に里帰りする頃には美容体重になっているはず???
週に1回は筋トレする予定です。(レッグカールとか・・)


そこで一つ質問です。
体脂肪を下げるにはどうしたらよろしいでしょうか?
炭水化物を少なくしろとおっしゃいますが、朝食なし、昼は普通(なるべく自分のお弁当を持ってくる)、夜おかずだけ(炭水化物なし)という感じです。鶏肉と魚を食べるようにしてますが、体脂肪はほぼ横ばい。

なぜこんなに有酸素運動してるのに体脂肪が24%をきらないのでしょう?

ちなみに、ジムでの有酸素運動はエリプティカル、自転車、トレッドミル等で1時間当たり500カロリー強消費してます(機械に表示される数字を信頼したら)。
プラス日中はウォーキングを1時間くらいです。
最近は大またで歩くように心がげてます。



理想体型を目指し、あと数キロのウェイトダウンに向けて最終的な追い込みをかけたいわけですね。

現在が平均56kgなので、あと4キロ前後。
となると体脂肪率が20%程度になれば、見事スレンダーな美容体型になれるでしょうな。


さて、何故体脂肪率が落ちないのか?についてです。

まず何より今の身長と体重、そして年齢を考慮すると24%でも十分標準以下です。
筋トレを週に1度行う予定・・・とありましたが、できれば週に2回~3回は取り入れてみてはどうでしょう?

体脂肪率はご承知の通り「体重に占める脂肪の割合」ですが、筋肉が増えれば体重は変化していなくても体脂肪率は下がります。
そして筋肉が付けば基礎・安静時代謝も向上しますから、その後の維持も楽になります。


有酸素運動の内容についても考えてみてみましょう。

※エリプティカル=クロストレーナーに近い機械、自転車、トレッドミル等で500キロカロリーとなると、程良く心拍数は上っていると思いますが、あまりにも強めに漕ぎすぎると脂肪が分解されず、体はすぐさまエネルギーにしやすいグリコーゲン&筋肉を分解して活用します。
平均心拍数110前後で、終わった後にほどよくうっすらと汗をかく程度が最も脂肪燃焼になります。

よくジムで見かけるんですが、猛烈な勢いで汗びちょびちょになるほどエアロバイクやクロストレーナーをやってるお姉さんがいますが、あれは完全に筋トレです・・・。
恐らく本人は、きつい運動なほど効果が高いと思いこんでいるのかもしれません。


もしくは有酸素運動の負荷が軽すぎると言う事も考えられます。
長く続けていると体はその負荷に慣れ、また体は無意識にその機械の特性を把握して、どういう漕ぎ方をすれば疲れないように出来るかを勝手に学習してしまうものです。
こうなると60分懸命にやっているつもりでも、表示されるカロリーよりはるかに効率の悪い運動になってしまいます。

校長はこの「慣れ」をなるべく排除するために、ランダムモード(負荷がランダムに変化する)や、5分に1回、10分に1回は心拍数を150前後まで強烈に上げたりする変化を持たせています。



最後に食事ですが、最高1300キロカロリーと言う事ですが、これは正確でしょうか?
食べ物の場合、その食材はさることながらサラダならドレッシング、肉料理ならソースなどにもかなりのエネルギーが含まれています。
こうした小さな積み重ねが、本人も理解していないところで総カロリー上昇につながっちゃったりしています。

校長は炭水化物を抜くダイエットには否定的です(以前は推奨していましたけどね)。
炭水化物はあくまでも「基礎代謝+日中活動代謝<食事によるエネルギー」という状況下である場合、インスリンの分泌を抑えて吸収を遅らせるという意味で効果があると思っているので、あなたの場合1300キロカロリーという制限を設けているので、食事の中に炭水化物を組み込んでも全く問題ないと思います。

>朝食無し

これは食事を摂らないと言う事でしょうか?!
1日の中で最も重要なのは朝食ですよ。

朝はグルカゴンが優勢で「睡眠から起床するというストレス」に対抗するため、体からコルチゾルホルモンが分泌されています。
コルチゾルはインスリンと拮抗関係にあるため、朝は糖質OKとなります。

空腹状態で朝ウォーキング、有酸素運動、筋トレ等を行い、その後に朝ごはんを程良く食べる。
これがかなり理想的な痩身生活の基礎だと思っていますし、校長も可能な限りそうしています。


是非筋トレを増やし、朝ごはんを食べるようにし、有酸素運動の内容を見直してみてください。