ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



一年前は・・・

現在、166㎝62㎏です。

五ヶ月前まではタニタの体組成計で僕の体重は平均55㎏で、体脂肪は5%と言う状況が半年以上続いてました。

総合格闘技の試合、フライ級(52㎏級)に出るために2月に減量をしました。

その1週間前に2~3日過食してしまい、65㎏(現在とほぼ一緒)まで体重が増えてしまい、焦った結果、試合前1週間で10㎏以上の減量を成功させることができたのです。が、それもつかの間で1ヶ月ぐらいで10㎏増えてしまい、それからはまたあのときみたいに痩せることはできるんだ!と勘違いしてしまい、ドカ食いの日々で体重が落ちなくなりました。

5ヶ月前まではエアロバイクを家で朝と夜にそれを毎日続ける日々でした。

だから減量の時も容易いものでした。

その当時エアロバイクは1回に1時間半漕ぎ続けて消費カロリーが600キロカロリーでした。

本題は、これから夏なので短期集中、できれば1ヶ月で55㎏にしたいです。

なんでも校長に言われたことは絶対やるつもりなので、痩せ方を教えてはいただけないでしょうか?お願いします。


それと校長の毎日の更新を拝見させていただいています。

そのなかで校長は毎日ジムでのエアロバイクやステップマシーンをほぼ欠かさずやっておられると思うのですが、なぜ1時間で平均1600キロカロリーものカロリーを消費できるのですか?

ちなみに、僕は1時間で400キロカロリー程度にしかならないのですが、その理由とコツなどがあればよろしければ教えてもらいたいです。

すみません、長くなりましたがダイエット、減量で1度挫けてまた這い上がろうと思ってますので回答をお願いします。



お待たせしました校長です。
相談内容をじっくりと拝見しました。

現役のボクサーなのですね。
私以外で体脂肪率5%という方と始めて遭遇しました。

お互いに希少人種でしょう(笑)


さて、お悩みの全体像を把握すると、大幅な減量へのモチベーションはあるけれど、止まらぬドカ食いで一気に増量。
そして今はなかなか落ちないためどうしたらよいか?

さらに言うと、今後もこうした事が合った場合、ドカ食い後の対処はどうするべきか?
という点についてアドバイスしてみたいと思います。


ですが、あなたはプロのボクサーですから、一般の方との筋肉量やストレスが全く違う次元にあると思います。
あくまでもアドバイスが適切でないかもしれませんので、参考程度としてお聞きください。



身長166センチ、52キロのフライ級に出るため、2月から減量開始。
ところが「その1週間前に2~3日過食してしまい、65㎏」←これまじですか?!
もし文章をそのまま読むと3日で13kg増えた・・・と言う事ですよね。
どれだけ食べたのよ。

しかし「試合前1週間で10㎏以上の減量を成功させることができたのです。」
これもすごい・・・
なんという意志力。


ですが、そのあとが問題。
「それからはまたあのときみたいに痩せることはできるんだ!と勘違いしてしまい、ドカ食いの日々で体重が落ちなくなりました。」

そう、その自己過信が一番よくないのですよ。

まずドカ食いしてしまうのは日ごろ節制していて、脳細胞が食べろと命令しているからですよね?
減量中にどのような食事をされているのかわかりませんが、おそらく水分も可能な限り節制し、食事も脂肪低めのものを召し上がりますよね?

試合直前はカーボンローディングで糖室を摂るかもしれませんが、10kg前後増量するって凄まじいドカ食いだと思います。

ドカ食いは1日限定ならなんとかなりますが、連続して食べ続けるとグリコーゲンに収まりきらない余剰エネルギーが脂肪に蓄積され、落ちにくくなります。

ドカ食いの前はサプリは摂っていますか?
もし可能なら科学の力を活用し、ブロック系のサプリはお薦めですよ。



ご自宅でエアロバイクをやられているということで、それが油断につながったのでしょうかね。

>その当時エアロバイクは1回に1時間半漕ぎ続けて消費カロリーが600キロカロリーでした。

ふむ。

>本題は、これから夏なので短期集中できれば1ヶ月で55㎏にしたいです。

少なくとも1週間で10kgの減量を経験されているのなら、1ヶ月で55キロまで落とすのは難しくないかと思います。
まずこの期間中はドカ食いは避ける事。

食事量も5大栄養素は摂りつつ、夏場なので水分補給は欠かさない事。
エアロバイクは早朝、夕方の2回行う事がベースとなります。


ジムや家庭用のエアロバイクは平均して1時間400~600キロカロリーが順当な数値でしょう。
校長のやっているエアロバイクは機械が故障しているのかもしれません・・・・

ただ、自転車競技で最も過酷なツールドフランスは4~5時間の走行で8000キロカロリー消費する事を考えると、負荷最大、心拍数LT値(最大心拍数の7割)で走り続ければ1500キロカロリーくらいまでは行くんじゃないかなと思っています。

ちなみに校長がトライしている「高度脂肪燃焼モード」は、最大心拍数の80%を持続するという超過酷なモードです。


ボクサーであれば筋力減少は攻撃力や防御力の減退になるはずですから、可能な限り筋量は落とさず脂肪を落としたいですよね。
となると、まずは脂肪が燃焼する過程を一度見直しましょう。

体脂肪はそのままでは燃焼しないので、まずは燃えやすい遊離脂肪酸にする必要があります。
この時役立つのが遊離脂肪酸を肝臓へ運びやすくするLカル二チンです。

これを服用して軽い筋トレ&ストレッチをすることで、脂肪は燃えやすくなります。

またエアロバイク中の心拍数維持にCoQ10、集中力向上のBCAAなど、様々なサプリを校長は活用しています。


運動は朝は食事前が理想です。
空腹状態で行う事で、グルカゴンが脂肪燃焼に有利に働きます。

夕食時には食後に運動するとよいです。
これは筋肉と肝臓にたまったグリコーゲンを即座に燃やす為です。


朝、食事前に運動するとどうしても60分持たない場合には、わずかな糖質を摂取してトライしてみてください。
例えばバナナ1本、チョコレート1かけらなど。



最後にドカ食いしてしまう事を考えましょう。
おそらく最大の鍵はストレスだと思います。

日ごろストイックな生活をされているので、体全体が栄養を欲しているのだと思います。
毎日トレーニングで栄養を放出しているため、脳は慢性的なエネルギー不足を感じており、体の危機感を感じているため、突然食べたい欲求が産生されるのでしょう。

そのためちょこちょこ間食する事がポイントです。

血糖値が乱高下すると空腹感が強くなり、後で後悔するほど食べ過ぎる事があるからです。


校長が1週間で5kg痩せた時には、1日2回、エアロバイク、筋トレ、ストレッチを毎日続けました。
さらに食事は1000キロカロリー以内に抑え、かろうじて減量に成功しましたが、おそらくそれだと筋力減少の危険性もあります。

なので、食事は通常の1500キロカロリー程度は摂取し、運動強度を上げる事(1日2回は必須)そして良質な睡眠で安静時代謝を活用することが鍵かと思います。


糖質は適度に取らないと脳が再び(エネルギー不足)と判断し、ドカ食いトリガーが引かれる危険性がありますので、朝の運動後には多少のご飯やパンは食べてもいいんじゃないかなと思います。

運動後はGLUT4の扉が筋肉細胞に解放されるので脂肪蓄積しにくいのです。



恐らく校長よりも遥かに多い基礎代謝があると思われますので「ドカ食い=ストレスマネジメント」さえ行えれば、目標期間に目標体重へ誘導するテクニックなどたやすいかなと思います。


是非また経過を教えてください。