ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



食物繊維の取り方と疲労困憊時の運動について

何度かこちらでお世話になっております。
その節はご丁寧な回答をいただきましてありがとうございました。

以前に相談させていただいたころよりも疲労感が半端なく、踏み台昇降などの有酸素運動をしようにもどうにも体が動かない状況です。

仕事はデスクワークのため、日中ほとんど動きません。
(かろうじて、朝出勤前にストレッチポールの上に10分ほど乗ることだけは継続しています。)

そのせいか?食事量は変わっていないと思うのですが、
じわじわと増量してきました・・・。
洋服を着たラインも明らかに(悪い方へ)変わってきたように思います。

元々、食事量は多い方ではなく、食べなくても平気で、
間食もあまりせず、夜も19時以降は何も食べません。


あまりにも体型の崩れが著しいので、これはなんとかせねばと改めて「1か月で5kgやせる・・・」を拝読し、頑張ろうと思っております。


前置きが長くなりましたが以下2点質問です。

「1」
食事量はもともと少ないので「食べ方」に注意を払おうと思っております。
「まず食物繊維から採る」を徹底したいのですが、生野菜が得意ではありません・・・し、ちょっとでおなかいっぱいになってしまうので、サラダを食べるくらいなら、お肉一切れ食べたいとか思ってしまいます。

そこで、まず最初に青汁を一杯飲むのでも、野菜やフルーツ、海藻などを摂取するのと同じ効果を得られるでしょうか?

「2」
とにかく疲労感が半端なく、どうにもこうにも身体が動かないのですが、まずは、疲労をとる何かよい方法はないでしょうか?

また、疲労度大で体が辛いときでもなんとかできる有酸素運動はないでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。



こんにちはお久しぶりです。

ふむふむ。
原因不明?!の疲労感によって思うように有酸素運動ができず、このままでは体型の崩れと増量が加速してしまうかもしれないという恐怖心があるということでしょうか。


まず着目したいのは
「食事量が変化していないのに、疲労感が残る」

ということは、もともとの食事量にエネルギー不足が考えられるか、日頃の日常業務でキャパシティーを超える疲労が蓄積しているかもしれないですね。

踏み台昇降運動が行えないほどの疲労感・・・これはかなり深刻ですね。


校長も稀に極度の疲労感で運動したくない・・・と思う時がありますが、その多くは身体的な疲労ではなく、精神的疲労です。
もしかすると相談者さんもそうした、心のモチベーションが影響し、身体が動かしにくいということはないでしょうか?

肉体的な疲労感と精神的な疲労感では、解決方法、対処方法がまるで違いますので、まずはご自分の中で何が疲労感の原因なのかをしっかり把握することがとても大切なんです。


ただ、ここから先は校長の推測になりますが、

>仕事はデスクワークのため、日中ほとんど動きません。
>食事量が変わらない

この2点を考えると、倦怠期に入っていたり、その他別の悩みや精神的に不安を感じる事があって、体を動かす事への集中力がなくなっているんじゃないかな、、、とも考えられるのですがどうでしょうか。


デスクワークで運動していなくても、可能であれば通常の食事で体型を維持できる程度のカロリーコントロールが望ましいので、もしかすると食事の量、または質も少し見直す必要があるかもしれませんね。

もともと食事量は多いほうではない・・・という事ですが、栄養不足過ぎると体は吸収力が増加して、少量の食事でも脂肪に蓄積しやすくなったりしますから要注意ですよ。
また脂肪を燃焼させる必須脂肪酸や脂肪を燃焼させやすくするカルニチン、カフェインなどは食事から摂ればベストですが、食事量を減らせばこうした重要な痩身要素も減少するでしょう。


まずは疲労感がある状態がストレスからくる精神的なものである場合、校長が書いた1ヶ月で5キロ痩せる方法はかなり過酷な道になりますよ。
あれは強い精神力が必要ですからね。

また短期でやせるよりも、まずはデスクワークでさほど日中活動代謝が少ない状態でも、体型を維持できるようなバランス点を探すほうがよいのではないかなと思います。



質問に対しての回答ですが、食物繊維から食べるというのは、体内で消化しない食物繊維によって油を絡めて一緒にわずかながら排便させてしまおうとするものです。
しかし、一日の総カロリーが明らかに生活活動代謝と基礎代謝よりも少ない場合には、食物繊維であえて排除する必要はないでしょう。

>青汁を一杯飲むのでも、野菜やフルーツ、海藻などを摂取するのと同じ効果を得られるでしょうか?
無論、食物繊維を含むものであれば効果はあります。
ただ、食物繊維は食事開始よりも少し前段階で摂取したほうが効果が高いと思います。

気を付けたいのはフルーツです。
食物繊維を含むものはたくさんありますが、同時に果糖を含んでいるので、血糖値の上昇を伴います。



疲労感を効率よく解消する方法・・・・
それは校長が教えてほしいくらいですが(笑)
まずは疲労感の原因がなんであるかをしっかり把握する事です。

ほとんどの場合、校長は前日に食事量が少なすぎたり、その日の気分が影響します。
それでも着替えてジムに行けば、いつもの習慣でこなせたりします。

つまりとてもアナログ的解決方法になりますが、最後は気合…という事になります。


どんなに疲れていても縄跳び10回、腹筋5回程度ならできるでしょう?
でもこれが縄跳び1000回、腹筋200回と言われたら「無理!」と思うはずです。

疲労感があるなら、とりあえず今の体の状態でできるハードルを思い切り下げ、あとはそれをちょこちょこ繰り返す事です。


自分に過度な要求を持たせ「ここまでやらなければ有酸素運動とは言わない」という暗黙のボーダーラインのようなものを決めているとするならば、そうした固定概念は取り払いましょう。

どんなに些細な事でも、毎日繰り返していれば習慣になります。
逆にやらないと、ますますやらない習慣に陥りますからね。