ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



助けて下さい。

私は8月に子供を産んだママです。

妊娠前は痩せ気味で164センチの48キロでした。
みんなに羨ましがられるくらいの体型でしたが、妊娠をきっかけにみるみる太り66キロまでになりました。
プラス18キロです。

産んだ直後は62キロで、4ヶ月たった今59キロで3キロしか減ってません。

母乳をあげていれば痩せると言われていますが、そんな事もなく食べる量を減らしても、運動を増やしても一向に痩せないのです。


食生活は

朝→ご飯1膳納豆orシリアル
昼→ご飯1膳+スープ
夜→ご飯半膳+おかず+スープくらいです。

本当はもっともっと食べられますが常に我慢しています。

妊娠前は痩せている割にはたくさん食べる方でした。

運動は育児の合間に体幹トレーニングをしています。

1袋1万円もするダイエットサプリも飲んでいます。
もちろん痩せません。
そんなもので痩せれば誰も苦労しないのは分かっていますが、藁をもすがる思いで頼んでしまいました。

その他酵素ドリンクも効果なし。

妊娠前はお酒・たばこ・スポーツ・食事がストレス発散方法でしたが妊娠後全てを奪われストレスがたまる一方です。

食に対して執着心が強い分、食べられない事は大きなストレスです。頭の中は食べ物のことばかりです。

ちゃんと食べなきゃ逆に痩せないんだよ!って言われても、こんなに我慢して痩せないのにちゃんと食べちゃったら太るじゃん‼︎って思って食べられません。

1ヶ月に1食だけ好きな物をたくさん食べると涙が止まらなくなります。
美味しくて嬉しいのと、自分が惨めなのと、悔しいのと・・・

どこに相談していいか分からずここに投稿しました。

本当に助けて下さい。

自分の体を見ると消えたくなります。
イライラしすぎて自分のお腹を殴ってしまいます。



こんにちは校長です。

産後ダイエットについてのお悩みですね。
まずはご出産おめでとうございます。

昨年の8月という事ですから、4~5ヶ月経過したところでしょうか。

産後は半年程度は過度なダイエットは控えたほうがよいと言われますが、戻らないと確かに焦りますよね。


さて現状を見てゆきましょう。

164センチという恵まれた身長と若い年齢で、基礎代謝は女性にしてはずいぶん高いでしょう。
元々が48キロというスレンダータイプでしたから、今の59キロは自分としては受け入れられないほど太っていると思ってるかもしれませんが、産後の体型としてはかなりのやせ形だと思います。

女性としての標準体重を少し上回る・・・という程度の状態ですから、あまりアワアワして自分を責めないようにしてください。


本来は母体の健康状態と母乳への質を重視した方がよいので、校長としてはダイエットは勧められませんが、健康を第一に置くとして方法を考えてみましょう。


>母乳を上げていれば痩せる

これについては賛否ありますが、1日に消費する母乳のカロリーは約600程度と言われていますから、食事が通常ならその分の消費カロリーでやせるという理論でしょう。

ただこれはやはり個人差があります。
必ずしもそれだけで痩せるわけではないので、参考情報程度と思っておきましょう。


続いて食生活ですが、

>朝→ご飯1膳納豆orシリアル
>昼→ご飯1膳+スープ
>夜→ご飯半膳+おかず+スープくらいです。

朝の納豆、夜のおかず。
この2つでタンパク質を摂っているようですが、必須脂肪酸も忘れずに摂りましょうね。
特に母乳をあかちゃんに与えるなら、質を保つためにもミネラルとビタミンはたっぷり補給したほうがよいと思います。

スープが2回登場しますが、野菜をたっぷり使ってください。


食事だけを見ると確かにヘルシーです。
これに母乳の消費カロリーを差し引けば、毎日かなりのエネルギー消費がなされているはずです。


ここで是非測ってみ欲しいのが体脂肪率です。


もしかすると、あかちゃんを抱っこしたりすることで筋肉がついている事も考えられます。
筋肉が付けば当然体重は増加しますからね。

さほど体重が減っていないと思っていても、筋肉が増えればそれだけ体型の質が変化している事になります。
食事も減らして運動もしているのに体重が落ちない!と思ったら筋肉が増えていたという事もよくあるこです。
そしてこれはマイナスに捉える事ではありません。


まず数値化して体の中を見てみる事と、自分の体を鏡で見る事が大切。
単に体重だけを注視していると、痩せているのに体はふっくらしているという脂肪過多の体型になってしまう恐れもあります。

鏡を見る重要性は、自分の体を自分で見て受け入れられるか否かを判断するためです。
人は過去の記憶を参考に「今を評価」しがちです。
そのため見た目にはまったく問題ながいのにも関わらず、単に以前より体重が増えたという理由で今の自分を否定してしまう事があります。

その罠に陥らないためにも、鏡で見て自分を客観視する事が大切なのです。


>運動は育児の合間に体幹トレーニングをしています。

体幹トレーニングは、まさにインナーマッスルを鍛える運動ですので、もしかしたら以前に比べて筋力がアップした可能性は大いに考えられます。
ですが、先にも書いたように筋力UPは悪い事ではありませんから、可能なら続けてみてください。


>1袋1万円もするダイエットサプリも飲んでいます。

サプリメントには様々あって、栄養補助の役割、エネルギーを阻害する役割、ホルモンの動作を補助する役割など多様です。
ただ、小さなお子様をお持ちの場合、特に母乳をあげている間は栄養補助以外のサプリは控えたほうがよいと思います。

1袋1万円・・・かなり高価なものですが、それが痩身をキャッチフレーズにしているものなら、素材と役割をよく見て、一応医師に相談して使ってください。


また、ダイエットを阻害する大きな要素の1つにストレスがあります。
ある意味これをどのようにコントロールするかが全てと言っても過言ではないほどです。

ストレスに抗するため、人はコルチゾルを分泌しますが、これは血糖値を高める作用があります。
一日の中で朝が最も高く、日中は減少するのですが、睡眠不足や慢性的なストレスを感じると、一日中コルチゾルが出続ける事になり、太い安い状態になります。

そうなると少量の食事でも脂肪へため込もうとしてしまいます。

朝にコルチゾルが多いのは「起床」が人にとって非常に強いストレスだからです。
それだけ安眠は生きる事に直結するほど重要です。


もしかしたら今あなたに一番必要なのは、食事制限や運動ではなくストレス解消方法かもしれませんね。
子育て、食事の我慢、タバコやお酒の制限など、細かな事が積み重なって今のあなたを束縛しているなら、心をリフレッシュする事を見つけるほうが痩身効果が出やすいかもしれません。


食事制限もほどほどが良いです。
校長だって食べる事が好きですが、週に2回~3回は「やっちゃった!」と思うようなバカ食いをします。

永遠に我慢などできないのですから、メリハリのある食事をするほうが生物らしくていいじゃないですか。


それからちゃんと食べないと痩せないというのは一理あるんですよ。
例えば必須アミノ酸や脂肪酸。

これらは不足すると脂肪燃焼に不利になります。
ビタミンB群はダイエットには強い味方ですし、羊肉や唐辛子に含まれているLカルニチンは脂肪の燃焼速度をアップしてくれますからね。

サプリメントだって突き詰めれば食事の栄養素の集合体でしょうし。


>1ヶ月に1食だけ好きな物をたくさん食べると涙が止まらなくなります。
>美味しくて嬉しいのと、自分が惨めなのと、悔しいのと・・・

人の体は肉体と精神、つまり意識でつくられていると思うのですが、賢くなった人類は理性によって自分の本能や欲望を制御してしまいます。
あなたの中にいるもう一人の自分の声によく耳を傾けてください。

痩せる事はよりよい人生を送るための手段の一つです。
あなたが痩せたい理由、本当の理由はなんですか?

このまま永遠に我慢し続けて70歳、80歳になって本当に良い人生だったと思えるでしょうか?

今の自分が本当にしたいことをしていないからストレスを感じるんだと思います。


大丈夫ですよ、10キロや20キロ太ったとしても必ずやせられます。
そこに痩せる目的があれば。

それにあなたは食事制限や運動を拝見する限り、相当意思の強い方だと思います。
仮に少々太ったとしても全然取り戻せるでしょう。


今はあまり焦らず、自分が痩せたい本当の理由と、今の自分が本当にやりたい事。
そして自分に耳を傾けて道を探す事です。


これはあくまでも校長の推測ですが、痩せたい自分と子育てもちゃんとしたい自分。
今までとはまったく異なる自由になれない自分の生活と、あかちゃんにを健康ですくすくと育ってほしい感情などが入り組んで思考が複雑になっているのではないでしょうか。

ぶつけようのない苛立ちが自分をダイエットに追い込ませ、そこに意識をそらす事で何とか平静を保っているようにも思えます。


ですが、強い食欲というのは自分の素直な感情を表しています。
それはあなたが単に自我のために食べたいという気持ちとは異なる何か、例えばあかちゃんに良質な母乳を与えたいと願う、あなたの本来の願望からくるものかもしれません。

どのような行動にも必ず背景にはその理由があるものです。
その隠れた理由を知るのがもう一人の自分だと思います。


食事や運動もほどほどにし、あと1ヶ月~2か月は焦らず過ごしてみてください。
これから続く長い長いあなたの人生の中で、たった半年くらいは生まれたての、あなたの母体に頼らなくてはならないあかちゃの事を考えてもよいじゃありませんか。



ちょっと相談の主旨とは異なってしまったかもしれませんが、校長の意見です。
半年たったら再度相談してください。
その時には絶賛応援しますよ。