ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



リバウンド

初めまして。

パーソナルトレーニングと、糖質制限で3カ月で4キロ痩せました。
筋肉も付き、体重以上に見た目に変化が出ました。
が、やはりパーソナルトレーニングも料金が高く3カ月のみ。
糖質制限も、玉ねぎ、トマト、果物なども禁止だったため徹底的にやりました。

朝:豆腐、納豆
昼:サラダ 卵 豚肉や、鶏肉
夜:サラダ

そのせいで、トレーニング契約終了後に、暴食に走り、大リバウンド。

今までも自己流でダイエットして、成功しても目標体重になると、安心して暴食。

明日から再開!今日が食べおさめ!と何日も明日からと、食べおさめが続き体重は、増える一方

やる時は、やる気十分で徹底的にやるが、目標に達成しると、一気にやる気がガタガタと無くなって、気づけばダイエット前の体重に。

ゆるく一生できるダイエットがいいのは、よく分かってるのですが、やり方がわかりません。
目標達成してから、維持の仕方がわかりません。

どうしたらよいでしょうか?



こんにちは校長です。


ふむふむ。
見事にダイエット産業の罠にはまっておりますな。

いや失礼失礼。

というのは、ダイエット産業の規模は、痩せさせた人数よりもリバウンドして再び書籍や食品、各種痩身サービスへ巡回するリピーターの数で持っているようなものですからね。

あれだけ豊富な情報が本屋に並んでいるにも関わらず、常に平積みされてセールスを記録するところからして、ダイエットの本質は痩せる事ではなくて、痩せた後の維持が本当の勝負なのだと理解いただけるでしょう。


まずこの世界を構成するすべての法則について理解しましょう。

それは作用反作用は互いに等しい力で成り立っている・・・という事です。


つまり一時的に過剰に向けられたエネルギーは、その反対側に必ず何かしらのはけ口が必要になる・・・という理解です。
本人はあまり意識していなくても、無意識下でそのエネルギーははけ口を求めて暴走します。

それがつもりつもるとドカ食いになったり、倦怠期になったり、物理的な身体機能の低下となって現れます。


校長がこのサイトで唱えるのは「ストレス無く痩せ続けられる生活習慣を手に入れる」という事ですが、その意味は、上記の反動をなるべく最小限にする事だと理解いただけるでしょう。



確かに痩せたいと思うと、居てもたってもいられずに、何か自分が「やった!」と感じ取れる事実を求めて食事制限やハードなトレーニングをしがちです。
特にまじめで成績優秀な優等生、完璧主義傾向が強く、決めたことはきっちりやる!みたいな人にリバウンドする人が多いのは、やらない自分が許せず、結果として無理なダイエットをして反動を食らってしまうという事なんでしょう。



ジムやトレーナーの主義にまで口出しはしませんが、糖質制限はあくまでも「制限」であって「禁止」ではありません。
売り手からすれば結果を出さなければ顧客にクレームを言われますから何が何でも痩せる方向へ持ってゆくでしょうが、彼らが1年後、3年後のあなたを保証するとは思えません。

そのため方法が理解できたら、今度は自分に最適な負荷を見つけてストレスを感じない程度に慣れてゆく事が大切なんですよ。


>成功しても目標体重になると、安心して暴食。

まずダイエットにゴールは無いと理解しておきましょう。
目標体重になるのは過程です。

恐らく多くの方がダイエットを考えるとき、標準体重よりも低いスレンダー体型を目指す事と思いますが、そうなると体は常に標準体重程度まで戻ろうとします。
つまりほぼ毎日がダイエットと同じ生活をおくらなければならない訳です。

そのため、その生活にストレスを感じ続けていたら「もうやってられん!」みたいになってドカ食いしてしまいます。


>今日が食べおさめ!と何日も明日からと食べおさめが続き体重は増える一方

食べたい気持ちが強いというのは、食べるというエネルギー補給以外に、食べる事で得られる快感を欲しているとも考えられます。
つまり日常で何かしらのストレスが働いていると、それを解消するために反対側のエネルギーである快楽を求めます。
それが最も手っ取り早く解決できるのが食べる事なんでしょう。

ですので、自分がなぜ食べる事がここまで止まらないのか?好きなのか?という事を突き止めてゆくと、問題の本質が見えてくると思います。

どれほど運動しても、そうした根本的な感情の課題を解決できない状態でダイエットをしても、逆風の中でヨットを漕ぐようなものになってしまいます。


ゆるーく、ながーく行うダイエットを目指しているのであれば、目標体重のレンジを決める事です。
例えば校長なら49kg~52kgの範囲が平常時。

それを下回ったり、逆に超えたらダイエット発動サインです。

いざとなったら断食でもすれば一瞬で戻りますが、もっと大切なのはそのレンジを外れるという事は、外的環境で何かしら自分に影響しているストレスがあるんじゃないか?というサインと受け止め、自らを内観したり俯瞰してみるように心掛けています。



恐らくあなたは、目標体重になっても維持できない自分、食べてしまう自分を常に今までも責めてきたのでしょう。
ダメな自分、約束を守れない自分など価値は無いと思っていたのかもしれませんが、そうした自分で自分を責めてしまう事が実は最大のストレスになっていたりもします。

また、これも推測ですが仕事やプライベートでは順風なのかもしれませんね。
なぜなら、自分はやればいつでもできるという自信もあるように思えるからです。

そのため、いつでもやればできるんだから、今日食べても大丈夫!と思い、食べるのが止められなかったり。
そして食べた後、自己嫌悪して自分を責める・・・こうした繰り返しをしてきたんじゃないかなと思います。

上段に書いた優等生が陥るリバウンドの罠です。


校長は自分に自信もないし、才覚もないと本当に思っています。
なので、日記もふにゃふにゃで、ペラペラでしょう(笑


そのくらいの気持ちでゆるーく、ふんわりダイエットしていていいんじゃないかなと思います。


あと、外部の環境を整えるのも大切です。
食べ物はなるべく部屋におかないとか、服のサイズをジャストサイズか、小さ目サイズに統一するなど。


もしデパ地下などでおいしそうな菓子や惣菜を買ってしまったら、一口食べて捨てる!くらいの気持ちも大切です。

そうしたことを繰り返してゆくと、無意識下で買う事にためらいが生じたり、服のサイズが合わなくなれば体型をそこに調整しようと、同じく無意識に行動してくれたりします。


維持の方法は人によって差がありますからね。
にんともかんともですが、一番大切なのは自分を責めない事、レンジ幅に多少のゆとりを持つこと、無意識を利用する事。

あとはストレスセンサーで問題の根本を察知してすぐに解決する事。


これらである程度は解決できると思いますよ。