ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



初めての相談です!

いつも拝見させていただいてます!

私は現在、身長が150センチの体重が63キロあります・・・。

ダイエットを始めて一か月。
最初は67キロあったのが、1時間の半身浴と大好きなミルクティーを辞めて、コーヒーダイエット(ブラック、微糖)スクワットをしています。

食事制限は特にしていませんが、自分の中でなかなかスムーズなペースで落ちない為、食事制限をしました。


今日でまだ2日目ですが、朝は食べたり食べなかったり。
お昼は仕事の休憩でかなり時間の変動はありますが、朝、昼兼用の時もあります。

この時はがっつり食べます。


夜は炭水化物に気おつけ、
ご飯はお子様茶碗の半分くらいにしておかずは日替わりで色々と変わります

サラダは必ず食べています。
間食は一切しません。

こんな感じでまだ2日目ですが、かなり気持ち的にやられています。

正直、自分のストレスになりたくなったので食事制限はしたくなかったのですが、目標としては50キロまでは落としたいので、今は耐えどきとしていますが、果たしてこれは正しいダイエットなのでしょうか?

すごくリバウンドしそうで怖いです。



こんにちは校長です。

ダイエット始めたそうですね。
応援します。

やり方としてまずは食事制限、ミルクティーからコーヒーに変えたという事ですが、できれば微糖ではなく完全なブラックではどうでしょう?慣れるとそっちの方がおいしく芳醇に思えますよ。

校長はミルク入りのコーヒーは苦手になりました。


さて。


たしかに食べたいというのは人の本能ですから、我慢するという事は生理現象と反する行動になるので、肉体的にも精神的にも様々な症状が現れます。

脳は食べよ!と命令するだろうし、エネルギー不足になれば体は重くなり、思考も鈍化します。


それでも多くの人が食事制限ができているのは、それを余りあって上回る痩せるという報酬を手にしたいからでしょう。



今回はダイエットの目的が書かれていませんが、あなたが50kgになりたいのなら、あと13kgの減量が必要になります。

恐らく67kgから63kgへ落ちたのは、体の中にあった水分やら残留物が排泄されたことによる変動が大きく、実際の脂肪燃焼はここから先だと考えるべきでしょうね。


リバウンドが怖いという事ですが、リバウンドの原理をまずは理解しましょう。
世の中で言われているリバウンドというのは2種類に分けられます。

1つは、レプチンというホルモンの機能が減少し、脂肪が燃焼しずらくなる事。
これは痩せ始めて脂肪が減り始めると、身体防衛本能が起動し、なるべく脂肪を減らさないようにする生理現象です。
そのためこの解決には、敢えて食べるドカ食いダイエット、リフィードという戦法で「脳に今は飢餓じゃない」と教え、再びレプチン機能を再起動させるわけです。


2つ目は、食事制限をしすぎたあまり、ストレスによって欲求が我慢できず思い切りドカ食い、菓子パン、アイス、ケーキを見境なく、意識とは無関係に食べまくってしまい、それが脂肪になってしまうパターンです。


恐らくあなたが気にされているのは後者でしょう。



13kgの減量に必要なカロリーは7500×13=97500キロカロリー

このエネルギーを何かしらの形で燃焼させる必要があります。

のんびりゆっくりやる・・・というペースなら、1年、2年といったスパンで考えた方がいいですね。
ちなみに1年を目標とするとなると、1日267キロカロリーを燃焼すれば達成できるという事になります。


267キロカロリーの食事メニューというと、もりそば1人前弱、カフェオレ1杯程度です。
これならできそうじゃありませんか?



それから13kgの減量となると非常に長い道のりになりますが、食事制限だけで痩せるのは危険です。
人は痩せる過程で、脂肪だけでなく筋肉も同時に消費します。

そのためなるべく筋量は維持しつつ、脂肪だけを落としたいところです。
毎日軽めでかまいませんので、筋肉維持のための腹筋、腕立て、スクワットは日課にしたほうがよいでしょう。


朝食を摂らない場合にはブランチでがっつり、そして夜は炭水化物を控えるという作戦は、悪くはないですが、徐々に痩せ始めてゆくと、やがて必ず停滞期が来ます。
そして恐ろしいのはどんな人にも、ドカ食い衝動がやってくるんです。

この2つを意思力で乗り越えるには、やはりあなたが50キロになりたいという決意の強さが影響します。


動機が不純だと、停滞期であきらめてしまったり、ドカ食い衝動に負けて一気に増量・・・という罠にはまりますからね。


正しいダイエットというのは存在しませんよ。
人の体にはそれぞれ個性があります。
そのため人の体質にあったやり方というものがありますからね。

筋肉質の方がやるダイエットと、筋肉が少ない人がやるダイエットでは方法が真逆ですし、モデルさんのダイエットと、ボディービルダーのダイエットが違う事もわかるでしょう?


同じように、あなたの生活スタイル、仕事の事、睡眠時間や住んでいる地域の気温なども影響してきます。


校長はいろんな事を経験し、ちょこちょこ食べる血糖値安定型が最も太りにくく、一気に痩せるには断食+運動という方法を見つけました。


是非あなたもいろんなことを体験しつつ、自己流ダイエットを見つけてください。
それが見つかれば、ストレスなく、楽しみながら自分が求める理想体型を維持できるはずですよ。