ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



鏡を見るのが辛い

初めて相談させていただきます。

お腹、背中、太もも、あごについた脂肪が嫌になって、最近まともに鏡を見ることができません。

中学生の頃はずっと痩せていて、自分は太らない人間だと思い込んで高校に上がりました。
高校では部活動がより活発になり(吹奏楽部です)帰る時間も遅くなりご飯の時間が遅くなりました。

早弁をすることや晩御飯までの間食が増えたようにおもいます。

そうこうしているうちに、なんとなーくお腹回りの脂肪が気になり始めましたが、見て見ぬふりをしてしまい今にいたります。
もうすぐ大学二回生です。

見て見ぬふりをした、と書きましたが、何度か痩せようと試みたことはありました。
1日20分走ったり、自宅でできるエクササイズをやったり・・・でも、全くというほど長続きがしません。
運動することは特に嫌いではないのですが、続けるということが苦手でなりません。
意思が弱いです。


週に4日6:00~8:30のバイトがあり、朝食を食べる時間は5:00か8:00とばらばらです。
お昼はだいたい12:30、夜は20:00から22:00の間になることが多いです。

内容は、実家暮らしのため母の手料理で、大分バランスがよいと思います。
ただ、量が多く自分で食べ過ぎだとわかっていながら食べ過ぎてしまいます。
バイトのため、朝は5:00には起床、夜は24:00には就寝という生活を送っています。

何度痩せようと思っても、計画をたてても、長続きしないのが一番の悩みです。
そして体重を落とす(現在56キロ)こととスリムな体型になることを両立させたいです。
そのために、何から始めてよいのかわかりません。

何かアドバイス等ありましたら、ぜひ教えてください。
助けてください・・・お願いいたします。



こんにちは校長です。

食べても太らない体質が変化するのは、主に40歳を超えたあたりから・・・というのが通説なんですが、ありゃりゃという感じですね。

恐らく食べても太らないのではなく、エネルギー収支の帳尻があっていただけでしょう。

これまで気にせず食べていた人が突然自分の体型が気になり始めると、確かにどうしてよいかわからずに焦る気持ちはわかりますが、体型の数値だけ見る限り決して太っている方とは言えないですよね。

>身長160センチ
>体重56キロ

体脂肪率が書いてありませんでしたが、ご自分が思うほど周囲はあなたの事を標準的な体型だと思っているかもしれません。

ただ、こればかりは本人の理想と願望次第。
スレンダー体型を目指すなら、体重よりも体脂肪率を気にしつつバランスの良い体型を目指したいところです。


太り気味の人がダイエットするのと、標準体型の方がダイエットするのでは、痩せるスピードや方法がかなり異なります。

もし太り気味であれば食事制限だけでするする痩せますが、標準体型、もしくはそれ以下になると普通の食事制限や運動だけでは維持するので精いっぱいです。



体の各部位にある脂肪が気になるという事ですが、部分痩せは厳密にはあり得ないので、やはり全身の脂肪を落としつつ理想体型に近づけるというのが大きな戦略になります。


さて、相談を拝見する限り2つのご自身の課題があるように思います。

1つは食欲が旺盛な事
2つ目は運動が長続きしない事

どちらも理想体型に近づけるには必要条件であるため、この辺から方法を考えてみましょうか。


まず食欲が旺盛な事は悪い事ではありません。
体が必要な栄養を欲しているため、暴飲暴食をしない限り、過度な制限は必要ないでしょう。
特に年齢がまだ19歳ということで基礎代謝も高いでしょうから、よほど脂っこいものを食べたり、菓子類を毎日食べない限りはね。

さて、誰しもが挫折するのが運動の継続の方です。


まず人間の意志力とは何なのかという事を考えてみましょう。

つまり”意思”の正体です。


校長は哲学者ではありませんので学術的な事は言えませんが、それは自分の真の願望だと思っています。

この世界にあるすべての形ある物質は、思考によって考案され、意思によって力を与えられた結果の結晶だと思っています。

例えば人がもっと早く移動したいと思ったから車や飛行機ができたわけです。


もし本当に”早く移動したいとは感じていない”としたら、あったらいいなとは思うでしょうが、あれほど複雑で精密な機器を生み出す事はできなかったでしょう。


ダイエットについてもまったく同様の事が言えます。
食事制限ができない、運動が続かないというのは、そこに漠然とした「あったらいいな」的な動機はあるけれど、それよりも優先したい何かが反対側に存在しているという事です。

言い換えると、運動を継続する自分 < 運動をしないで休息する自分。

という図式が成り立っています。


ご自身では脂肪が気になると書いていても、心の中では「何とかなるんじゃないだろうか」「自分は高校時代に太らない体質だったったから、いつか戻るんじゃないだろうか」など、理由はわかりませんが、やらない言い訳をどこかに持っているはずです。


その理由、運動をしない反対側にある「何か」を探し出す事が何よりも優先するべきことなんです。

これは、あなたがこの先長い人生において待ち受ける様々な壁やトラブルを乗り越える強い方法になりますから、是非この機会に物事の反対側にある正体を見つけだす方法を体得してください。


これが理解できると、根気力や意思力について冷静になれ、どんな困難も克服できるようになります。


校長も運動が面倒だなと思う時があります。
そんな時は、体が休息したいのかな?とか、他にやる事があるんだろうな・・・などと、自分自身を冷静に見ています。


時間は有限で、この世界で最も価値あるものの一つです。
今日さぼることは二度と取り返しがつかないのだと知れば、たとえ腕立て1回だけでもやる事は、昨日の自分よりも前進する事になります。


また長続きしない人の多くは、目標を高く設定してしまうところがあります。
前段に標準体型ですよねって書きましたが、おそらく自分の理想が高い方なんだろうかなと思います。

そういう人は、完璧主義の傾向が強く、運動もやると決めたらいきなり長続きしないような高い設定を掲げたりします。

これまで運動しなかった人が毎日20分のランニングなど続くわけないじゃないですか・・・
まずは5分からでいいんです。

もしくは1週間に20分でもいいんですよ。

体をだましながら、徐々に慣れさせる事です。


>ただ、量が多く自分で食べ過ぎだとわかっていながら食べ過ぎてしまいます。

食べ過ぎてもカロリーが低ければ問題ナッシングです。
また、残す勇気も必要です。
食べる事も慣れが関与しているので、毎日大量に食べていると、たくさん食べないと満足できない体質になってしまいます。

逆に小食になれると実際に少ない量で満足できるようになります。

これも運動と同じく、徐々に自分を慣れさせるしかありません。


まずは食事のご飯を半分にしてみるとか、毎日腕立て腹筋を10回だけやってみる。
そうしたストレスを感じない方法を2週間続けてみてください。

人は14日で慣れが発動します。

その後、もう少しできそうだなと思ったら、回数を増やしたりしてみるのです。


どうでしょう、これならできそうじゃありませんか?

「それでは痩せるまでに時間がかかりそうです」確かにそうでしょう。
しかし本当に大切なのは痩せる事ではなく、痩せた後の維持です。

そのためにも「慣れ」による生活習慣を手に入れる事が最も重要なんです。


応援しています。

痩せ始めると停滞期もやってきます。
また行き詰ったらご連絡ください。