ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



このままで大丈夫なのか?

はじめまして!
みさと申します。

現在、糖質制限をしており、たまに60gを超えてしまうことはありますが、糖質制限業界でいう、スーパー糖質制限を2月下旬頃から行っております。

ちょうど、1ヶ月ほどスーパー糖質制限を始めてから経過したのですが、体重、体脂肪率の変化は全くと言って良いほどありません。

半身&全身浴をした次の日は55~54kg代になり、体脂肪率は20%代になったりしますが、これはただの水分量の変化だと思います


たった1ヶ月しか経っていないとはいえ、されど1ヶ月と考えてしまい・・・先週からランニングを始めました。

元々運動部でバレーボールをしていたため、運動も好きで体力もあり、無理のない程度に行っております。
ジムのドレッドミルでら時速7.8kmぐらいで丁度気持ちよく走れるので、それで40分~1時間ほど走っています。


しかし、ランニングでダイエットを調べると、どれもカロリー制限と並行するものばかりで・・・

じゃあカロリー制限すればいいじゃないかと言われればそれまでなのですが、私は外食することが多く、また家の料理などカロリーが分からないものが出てくると途端にもういいやとやけくそになってしまいます・・・

なんどもカロリー制限ダイエットは行ってきたのですが、毎回そういった予測不能の食事で辞めてきてしまったので、カロリー制限だけはしたくないんです
なので、カロリー計算が必要とされない糖質制限を行っていたのですが・・・


やはりカロリー制限を行わないと痩せることは出来ませんか?
ランニングと糖質制限では難しいですかね?
あまり食事制限をして、省エネモードになり、食べるとすぐ太ってしまうような体質にはなりたくありません

食べても太らない、ひょろひょろの身体ではなく、引き締まった身体になりたいです!
出来るのなら体重は50kg、体脂肪率は19%になりたいです!

私の勉強不足なところが多々あるとは思いますが、回答のほど宜しくお願い致します!



こんにちは校長です。

スーパー糖質制限、おそらく業界では著名な江部先生の手法ですな。


身体の情報を拝見しました。

身長:166cn
体重:53kg
体脂肪率:21%

もうすでにかなり痩せ型に分類されますよね。
BMIも19ちょい。

今の体型だと糖質制限をしても効果はかなり軽微かもしれないですよ。


もともと糖質制限というのは、糖尿病患者、またはその予備軍の方々がインスリン分泌調整のために行うもので、ダイエットが目的ではなかったと思います。

ただ、インスリンが分泌されなければエネルギーの取り込みが阻害されて、副産物としてダイエット効果があるので世の中に受け入れられた・・・というのが背景と思います。

苦しいだけの食事制限では持続出来ない方がいるので、糖質以外は好きなだけ食べても良い!というキャッチにに、いつのまに変化しているようですがこれは彼の本意か不本意かは謎です。



1ヶ月糖質制限をしても体重と体脂肪率に「全く変化が無い」という事は、おそらく食事で抜いている糖質意外のエネルギーがそれを補ってしまっているのではないか?とも考えられます。

おそらくよほどの特異体質の方で無い限り、消費エネルギーが摂取エネルギーを上回っていれば確実に体重か体脂肪率に変化はあるはずなので。

特に脂質の取りすぎは要注意です。
何せ炭水化物やタンパク質の2倍以上のカロリーがありますからね。


>半身&全身浴をした次の日は55~54kg代になり、
>体脂肪率は20%代になったりしますが、
>これはただの水分量の変化だと思います

おっしゃるとおりです。
人の体は水分の変化だけで2~3%前後の変化がありますからね。

また睡眠中に無意識に流す汗は相当なボリュームです。



外食が多く、食べるのがお好き・・・と言うことであれば、過剰な食事制限はしなくないでしょう。
ならば、やはり今取り組まれ始めた時速7.8kgのランニングは実に効果的かもと思います。


とはいえ、ランニングで消費するエネルギーはきわめて微小。
時速8kg前後だと30分走って200キロカロリー行けば良い方でしょう。

これはカフェオレ1杯、ざるそば半人前程度です。


>どれもカロリー制限と並行するものばかりで・・・

そう、つまり運動はよほど本腰をいれなければならないので、やはり食事を減らしつつというのが王道なんですよね。

ちなみに最近CMでよく見るライ○ップさんも、激しい筋トレに加えて激しい食事制限にも取り組むらしいです。


特に貴方の場合、すでに相当痩せ型になっていますので、ここから先は想定外の食事会や会食を考慮しても、1週間トータルで見て「基礎代謝+活動代謝>摂取エネルギー」をとなるような生活を整える必要があります。


家庭料理はカロリー判定が難しいですが、似たような食事をネットでカロリー検索すれば、だいたいの検討はつきます。

やけくそにはならないように・・・!
それが一番良くない事です。


仮にドカ食いしてもやけ食いしても1週間で帳尻をあわせれば問題なしです。
ただ2週間その体重が維持されると、基準体重となって体がその体に「慣れ」るので、落とすのが非常に困難になります。

おそらく人が習慣化するのが14日前後なので、そのような仕組みになっているのかもしれませんな。



>やはりカロリー制限を行わないと痩せることは出来ませんか?

標準体重以上の方なら可能ですが、あなたの体型的には難しい・・・と思います。

>ランニングと糖質制限では難しいですかね?

よほどランニングをコンスタントにこなせば1ヶ月で1kg程度なら減量できる可能性はあります。
が、これまた長い道のり・・・・。


>あまり食事制限をして、省エネモードになり、食べるとすぐ太ってしまうような体質にはなりたくありません

この「省エネモード」というのは、脂肪が減ることでレプチンが機能しなくなる状態です。
ですので、痩せていてもリフィードという定期的なドカ食いを取り入れたり、筋トレと有酸素運動をしっかり習慣化すればさほど心配無用です。


目標体重まであと3kgですが。
BMI20未満からの3kgは非常に長く険しい・・・。

ひょろひょろ体型じゃなくて、スリムでありながら張りのある美しい体を目指しているということでれば、筋トレは欠かさないようにし、さらに脂肪も落としてゆかねばなりませんからな。


さらに食事や運動以外にも、痩せるための様々な環境を整えた方がいいでしょう。
それは睡眠やストレスマネジメントです。

特に睡眠は重要。
人は寝ている間に相当な脂肪を燃焼するからです。


食事の前に運動することで、脂肪になりにくい状態を作り出す事も検討しましょう。
例えば休日に食事会などがある場合には、会合2時間前に運動が終わるようにランニングをしたり、踏み台昇降運動をしたり・・です。

平日ならせめてストレッチをしてからランチに出かけたりするのも、ごく僅かですが効果はあると思います。


最悪なのは寝る直前に食べたりすることです。
まぁおそらくそうしたことはやられていないと思いますが。


というわけで、糖質制限はあくまでも血糖値の乱高下を安定化させるのが目的であって、ダイエット効果は副産物であるという点に留意し、やはり運動を続け、それを習慣化させることが最重要だと思います。


食べるのが好きで、それを我慢する生活スタイルにしたくないのなら、それを上回る運動をするしかないということになります。
とてもシンプルな方程式です。


校長も食べるのがすきでしてね・・・
だから運動するわけなんですが、もう無意識に1週間で帳尻をあわせるような感覚を手にしていると思います。

多少の大食い日があっても戻ってますからね。


応援しています。