ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



色々と不安です

専門学生の20歳です

バイトの付き合いや友達の付き合いが増え外食続きになるばかりで、外食となると普段よりも多めに食べることが多かったりバイトもしているのですが、賄いがあり時間が遅いときだと、22:00過ぎのときがあったりと、バイト付き合いの毎日で健康的な食事が取れない上に、量も多く食べる時間が遅かったりと胃腸に負担のかける生活です。


そんな不規則な毎日が続いたせいで、胃下垂なので見た目にはそんなに出ないのですが、さすがに4キロここ1~2ヶ月で増え顔まわりも、ふたまわりくらい太ってしまいました。

すごく怖いです。
けれど、食べる量を変えることができない自分もいて、遅い時間に食べるのが慣れてしまって遅くても平気で食べれるようになってしまいました。

まだ、人付き合いがつづきます。


外食が今すごく行きたくないですし、痩せたいのにどう調整すれば良いのかもわかりません・・・。

写真を見るたび辛いですし、せっかく友達と行く外食も毎回毎回憂鬱で仕方ないです。


なにかアドバイスはありますでしょうか?涙
太った体重を戻したいのと、顔まわりの肉を取りたいですし、全体的に太ってきたのでどうにかしたいです!涙

それにこの不規則で栄養的にも悪そうな生活を続けていては将来的にも体的にも不安です・・・



こんにちは校長です。

不規則な食生活を不安に感じながらも、そのサイクルから抜け出せない状態でもがいているようですな。

ふむふむ。


身長155センチに対して、体重は41.5kg。
そして体脂肪率は20%と、数値的に見るとさほど太っているとは思えない体型ですね。


夜の賄食が22時ころとありますが、人間は生活リズムが何よりも大切なので、もしあなたの帰宅時間が深夜の2時や3時などであれば、22時に食べても問題ないと思いますよ。

というかその時間帯に食べないと体力が持たんでしょ。


深夜帯の食事は体脂肪になりやすい状態と言えますが、なるべく野菜類を多めに摂るなど工夫する事で、案外腹持ちします。
賄食は総じてお店で提供している品が出されやすく、手早く作れるもの、早く食べれるものが多いはずなので、おかず1品にご飯。
という組み合わせもあるかな?

そういう場合はなるべくご飯を少なめに盛り付ける癖を持ちましょう。


さて、問題は友人との外食です。
外食に行くのがつらい・・・でも友人との交友は大切にしたい気持ちはよく理解できます。

校長も仕事でクライアントと食事会があるときなどは事前調整をしたりしますが、想定外の突然のお誘いや、残すのが許されないような接待の場では少し憂鬱になります。



さて、折角の友人との楽しいはずの外食が「苦痛」となると、本末転倒だし、これからの人生も永遠に続く交友関係にも問題が生じるでしょう。
そこでいくつかの戦略を立てなくてはなりません。

まず自分の中で、友達との外食は思い切り遠慮なく食べる!と決めた場合です。


校長は「今日は食べるぞ」と決める場合には翌日以降は必ず節制して1週間で帳尻を合わせるようにします。
そして何より大切なのは、注文するメニュー。

ダイエットを意識していない方々だと、いきなりフライドポテトや魚の甘煮、大盛りライス、しめにデザートなど遠慮なく欲望の赴くままに食べるはずです。

しかしさすがに同席者と同じように食べていたら少々問題があるので、あなたはまず率先して温野菜、サラダ大盛り(特に海藻系)、バーニャカウダーなどを注文してください。


最初に野菜をつまみながら会話し、しばらくしたら小鉢、大皿料理を注文する。
そのほうが明らかに腹持ちがよくなりますし、ドカ食いをしなくて済みますからな。

そしてもう一つはサプリメントの利用です。


たしかに良質なサプリは値段が高いですが、外食の際には必ず校長は持参します。
ファイナルブロック、ナップルは必携、さらにカレーを食べる際にはさらに強力な油除去薬。
甘いものの場合にはグルコバイです。

もちろん個人の主義でサプリは使いたくないという方もいます。

そういう場合には、食事会の前に軽く自宅で運動してから出かけてください。
運動をすると、筋肉細胞と脂肪細胞に栄養を摂りこむGLUT4という扉が開くのですが、運動していない状態だと3:7の割合で脂肪に多く摂りこまれますが、運動後だとこれが逆転し、脂肪になりにくいんです。


そうしたちょっとした工夫で同じ食事量、食事メニューでも長い目でみると相当な差が出てくるはずです。


まだ20才と若く基礎代謝も高いでしょうし、焦る必要はあまりないと思います。
ただ、食べるのは癖になります「食事癖」です。

同じ時間に食べ続けると、自分の空腹感とは別に脳がそろそろ食事の時間だと判断し、食べてしまうのです。


校長はなので食べる時間を決めておらず、一日中バラバラです。
何も食べない日もあれば、6食食べる日もあります、すると食べる事が習慣かせず、1週間で帳尻が合うようになるんです。



顔が二回り大きくなった・・・との事ですが、人には比較的付きやすいお肉があります。
太ももやお尻に出やすい人、顔に出やすい人、お腹につきやすい人・・・これは体質です。

でも減るときもその順番で減りますから、調整して節制すれば、顔から痩せ始めると思いますので、そんなに焦る事はありません。



ちなみに運動は何もしていないの?
やはり食べたらそれ以上の消費カロリーを獲得しないと、太り続ける一方なので、食べたら翌日は食事を節制する、または運動するなどして帳尻を合わせる必要があります。

自宅でできる運動としては、腕立て、腹筋、スクワット、有酸素系では踏み台昇降運動20分程度。
これを可能な限り毎日、それが難しいなら3日に1回など、できる範囲から始めてみてください。



楽をして痩せる方法はまずないと自覚し、食べたエネルギーを消費するには何が必要で、何をすればいいのかを頭でよく整理しましょう。

サプリを使うのか、運動を行うのか、断食期間を設けるのかなど、1週間単位で体重をプラスマイナス0、または減少させるには摂取エネルギーよりも多めにそれらを行えばよいだけです。


ちなみに飲み物でジュースやカフェオレなどを飲んでいたら、それもしばらくは控えましょう。
100mlあたり20キロカロリー以下のヘルシードリンク、またはゼロカロリーのお茶などに変えてみてくださいね。


美味しいと感じるものは糖類と脂質がたくさん仕組まれているものばかりで、総じてカロリーは400~500キロカロリー程度あるはずですが、これをもし運動で燃焼させるとすれば、エアロバイク60分相当になります。

今食べているものを運動に置き換えたらと思うと、とても怖くて食べれなくなります。


おすすめはリンゴ。
水分、食物繊維が多く、咀嚼しないと食べられない程よい硬さがあるので、満腹中枢が刺激されやすいです。
食事前にリンゴを1コ食べるのは校長推奨です。



あと、漠然と痩せたいという想いはなかなか実現しないので、なぜ痩せなければならないのか?という目的、動機を明確に持ってください。
そこが不明瞭だと、まぁいいや明日節制すれば、、、となり、結局その繰り返しでいつまでたっても食べてしまう負のサイクルに陥ります。


最後は意識の問題になりますからね。