ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



下半身の脂肪が気になります

私は男で今年27になります。

この一ヶ月で体重が56から59キロに増えてました。

原因はおそらく、仕事の関係で夜遅くにご飯を食べるようになったことです。


過去に何度か短期間で5キロくらいの体重の増減はありましたが、今までのお腹がぽっこりになるのとは明らかに違い、今回はお尻から脚全体にかけての下半身に脂肪がかなり付いてしまいプニプニになってしまいました。

特に内ももがヤバイです。

今までは食事を改善することで、ぽっこりお腹が解消されて元に戻ったのですが、下半身の脂肪って今までのように食事を改善していく事で減るものなんでしょうか?

何故今回急に下半身太りしたのかも謎です。

運動も今はしている時間がないので、うまく食事をコントロールすることで減らしていきたいです。

回答宜しくお願いします。



こんにちは校長です。

なるほど。
これまでの調整ではうまくいかない事態に直面し、どのように対応したらよいか悩まれているようですね。


人によって顔にお肉が付きやすい人、お腹につきやすい人、お尻や脚に出やすい人・・・そうした個人差はあるのですが、概して付きやすい部分から逆に痩せていくものなんです。


27才というと体質変化の第二段階くらいかもしれませんな。
まずは10代で、20代でそれぞれあり、35才を過ぎると大きく変貌してゆきます。


これまでは基礎代謝もそれなりに高く、お仕事の環境も異なっていた?!と思うので、ある程度の改善が可能だったのでしょう。


さて。
2日~3日程度なら多少膨らんでもその大半は水分だったりしますから、食事制限をすれば凹んでゆきます。

しかし今回は1ヶ月で3kgの増量があったわけですよね。
3kgというと、カロリーに換算して22500です。

1日に700キロカロリー以上も必要栄養エネルギーよりも多めに摂っていたという単純計算になります。

そうなると全身にうっすらと脂肪がまんべんなく付いていて、特に脚やお尻が目立って増えたと考えてよさそうです。


お仕事の関係で夜に食べるという事ですが、夜は一番脂肪になりやすい時間帯です。
もちろん食べるな!なんて言いません。
お仕事をするためには栄養が必要ですからね。


ただ食べる内容は改善したほうがいいでしょう。
もし高脂質+糖質を摂られているのなら、なるべく低脂質+低糖質に切り替えてみたりです。


しかし夜に売られているコンビニやスーパーの食品は、おおむね高カロリーである場合が多く、なかなかヘルシーなものにアクセスできないかもしれませんよね。
なので、なるべく最初にサラダかスープを食べるようにしましょう。


ちなみに熟睡は出来ていますか?
夜に食べると寝ている間にも消化活動をするために、体がしっかりと休めなくなったりします。

そうすると眠りが浅くなり、結果隠れたストレスがたまりやすくなります。


人はストレスが蓄積されるとコルチゾルというホルモンで耐性しバランスを取りますが、この副腎皮質ホルモンコルチゾル(グルココルチロイド)は、脂肪蓄積に体を偏らせます。

そのためダイエットにはストレスマネジメントがものすごく重要なんです。



さて、太もものぷにぷにを解消する方法ですが、完全なる部分痩せは正直難しいのです。
ですが、ある程度の集中トレーニングで効果はあります。

校長がおすすめしているカニ足スクワットです。
足を180度広げ、そのままスクワットするのです。

太ももの内側にすごい負荷がかかります。
これを1日10回、朝とお昼休憩にやり続けるだけでも相当な効果があるはずです。

校長は歯磨きをしている間にやっています。
毎日コツコツやるのがポイントです。


食事を改善すると不足エネルギーを補うために脂肪+筋肉が減少しますので、なるべく筋力は維持できるよう、腕立て腹筋もお忘れなく。



ちなみに夜食べるという事は朝は食べないのでしょうか?

食事間隔が開きすぎると血糖値の乱高下に繋がりますので、ほどよく間食を入れて血糖値の平準化、空腹感の平準化を促す事で、夜の食欲を減らす事も可能です。


間食は素炒りのナッツ少量、梅干1粒、煮干し、冷えたバナナなどがおすすめです。


一度ご自身が食べている食事の内容を書き出し、概算カロリーを計算してみましょう。
27才男性の基礎代謝+日中活動代謝はだいたい1800~2500キロカロリーです。
それよりも低いエネルギー摂取量ならば、着実に体重は減少していくはずなんです。


ちなみに日常生活でも工夫が可能ですよ。

校長は電車やバスに座る際、脚はなるべくくっつける、背もたれに寄りかからないなど隠れた工夫をしています。

日常生活をトレーニングに活用しているわけです。
もちろんずっとやり続けるのはきついので、気が付いたり思い出したらやっている・・・感じです。