ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



有酸素運動

何回もすみません。
気になる事があって、私はほぼ毎日有酸素運動1~2時間するのですが、有酸素運動やりすぎると、体が慣れてしまい、やせなくなるどころか、やめると太ってしまうとネットにのってたのですが、本当でしょうか。

友人たちは運動や食事制限もしていないのに、ほそいままです。

でも、有酸素運動がやめれなくて、友人はジムもやめろといいます。
わたしがやりすぎてると・・・本当にどうしたらよいのかなやんでおります。
よろしくお願いいたします。



おはようございます校長です。
パン屋で書いています・・・朝食中です。


なるほど・・・・
有酸素運動をやめるとどうなるかわからないという不安と、周囲の声との間に翻弄されているようですね。


有酸素運動をやりすぎると「太る!?」
それはないでしょうな。

恐らく、毎日有酸素運動をすると体がその負荷に慣れ、筋力は維持もしくは微増するために体重が重くなる一部のケースを取り上げてそう書かれた情報がどこかにあったのでしょう。

フルマラソンの選手やボクサー、スケート選手を見てくださいよ。
彼等彼女等は毎日鍛錬していますが太ってないですよね・・・。

校長も数年以上有酸素運動を継続していますが、ちゃんと想定の範囲内で体重も体脂肪率も収まっておりますがな。



お友達が心配しているのは、恐らくあなたがあまりにも太りたくないという想いに固執しすぎている事に心配されているのではないでしょうか?

自分の体型がすでに十分痩せているにも関わらず、まだ痩せたいとか自分は痩せていないと思うのは、本当はさほど匂わないのに自分の体臭や口臭が気になる自臭症と同じく、身体醜形障害という精神的な病があります。

あなたがそうだとは思いませんが、周囲に心配をかけない範囲で食事や運動をすることも大切ですよ。


校長もよく周囲から「ちゃんと食べてる?」「食べても太らないの?」な~んて言われますが、そういう人たちの前ではダイエットしているとか、毎日運動してまっせ!なんてあまり言わないようにしています。


このサイトで目指す体型は、痩せているのに健康的で性的魅力を損なわない身体美です。
それは物理的な体型以外に周囲への配慮や思考、つまり精神美も含まれます。
なぜなら体型は美しいけど、やっている事が「痛い」と思われてしまうのなら、それは決して美しいとは言えないからです。


校長個人的には、今のあなたの運動量や取り組みはまったく問題ないと思うし、同じ同士として頑張ってほしいです。
ですが、おそらく周囲の方がそのように心配しているところを考えると、お友達の方々との温度差が相当あるのだと思います。

それを感じさせないように頑張るのも配慮の一つです。


美しい身体を持ち維持する事は、よりよい人生を過ごすための手段の一つです。
その先にある本当の目的は、愛する人や仲間と過ごす時間だと思います。

その手段(体型)を手に入れる段階で周りから距離を置かれてしまったら本末転倒ですからな。



そうなんです。
ばれないように努力するのも大切なんです。

面倒でしょ?!ある程度自分の体型を自分で管理できるようになり、他の人からはドン引きされるくらいの努力がこなせるようになると、今度は努力が続けられない人や痩せたくても痩せられない人に対して、そうした気を使う必要があるんです



校長も会話の流れで体型を指摘された時、具体的な数値は言わずに、体脂肪率は一桁台で、体重は少ないように見えて意外にあるんですよ~なんてごまかす場合もあります。


ちょっと話はそれましたが、有酸素運動はやりすぎてもさほど害はないです。
あるとすれば心拍数が他の人よりも多くなるので臓器への負担と活性酸素を多く摂取するという点くらいでしょう。

なので、あなたが今行うべきは、運動量うんぬんではなく「周囲への配慮」だと思います。


勝手な想像で書いてしまいごめんなさいね。
ただ、なんとなくそんな気がしたので思うがまま書いてみました。