ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



食事も腹八分目だし、お菓子も極力少なめにしているのに痩せなくて、ほとほと困っています

私は現在54歳で、49キロです。

40歳を過ぎてから徐々に太り始め、最初の頃は食べる量を減らせば減っていたのですが、50歳を過ぎてからは食べなくても痩せなくなってしまいました。
普段の生活は規則正しいと思います。
食事は昔から脂っこいものが好きではないので、煮物や魚、きのこ等が好きで、あとは甘いものが大好きです。
間食はフルタイムで仕事しているのでお茶の時間に少し食べる程度で、家にはほとんど置いていません。
昼食も手作り弁当です。
腹筋は頑張って10回出来ますが、腕立て伏せは出来ません。
2月中旬に娘の結婚式がありドレスを着るので、それまでにどうしても3キロ痩せたいと思います。
食事も腹八分目だし、お菓子も極力少なめにしているのに痩せなくて、ほとほと困っています。
ご助言くださいますようお願いいたします。



お悩み拝見いたしました。

160センチで49キロといいますと、一応は平均体重なのですね、ただ理想的には45キロ前後というところでしょうか?
 
 まず最初に申し上げたいのは、人間の体は平均体重を維持しようとします。やせすぎの場合には、やせにくく、太りすぎの場合には、やせやすい体質になる。ということを前提に覚悟をしてください。
 あなた様の場合、平均体重ですから、体は懸命に維持しようとしています。ですから、食事の量を少し減らした程度では、やせてゆくということはないと思います。

 そのことを前提として、2月までに3キロやせるアドバイスをいたしますね。

 現在の年齢から考え、さらに腕立て伏せが10回は難しいということから推測すると普段はあまり肉体疲労をともなわない生活環境だと思いますので、基礎代謝はおおむね1100キロカロリー程度だと思います。
 これに、歩く、家事をする、仕事をすることで、300キロカロリーを仮に消費したとしても、1日に必要な維持カロリーは1400キロカロリー前後です。

 まずは、このカロリー以上取れば脂肪になりやすく、以下なら体の中のエネルギーを消費しますので、やせてゆきます。

 間食をしているということですが、食べているのが油菓子(ポテチや揚げパン、洋菓子、おせんべい等)ということは無いと思いますが、念のため、もし食べていましたら即日やめてください。ポテトチップスなら1袋で450キロカロリーはありますから、それだけで1日の1/3を蓄積してしまいます、おせんべいなども、意外にカロリーが高いです。

 また普段のお食事も腹八分目はもちろんとして、炭水化物を極力抑え、おかずも濃い味から薄味へ、さらに極薄へと変化させて下さい。魚のあんかけや、天ぷらは、厳禁です。

 1キロ減らすのに7500キロカロリーを減らさないとなりませんので、60日で3キロ減少させるとなると、1日375キロカロリーを必要カロリーから抑えなくてはなりませんね、そのため、先ほど1400キロカロリーと書きましたが、ここから375キロカロリーを減らし約1000キロカロリーで毎日過ごすことです。
 私も1年間1000キロカロリー以下で生活したことがあるから分かるのですが、結構しんどいですし、かなりの意思が必要です。
 たとえば腕立ても10回できなければ、毎日3回、5回など、できるところからは必ずやるようにしてください、夜は7時以降は絶対食べない。コーヒーや紅茶にも砂糖を入れないで、飲み物はヘルシア(体脂肪燃焼)か番爽麗茶(血糖値を下げる)にしましょう。

 これらの生活も慣れれば何の問題もありません、私は現在37才ですが、お茶は、ヘルシアか番爽麗茶にしていますし、食事も1800キロカロリー以下にしています(現状維持のため)。

 大切なことは必ず「継続」することなんです、ダイエットに失敗する人の話をよく聞くと、必ずどこかで気が抜けて「ドカ食い」「ストレス食い」「明日がんばればいいや」的な気の緩みがあります。
 これを1日でもしたら、成功しないと思い、ドレスを着るために頑張ってみてください。

 
 それから、「50歳を過ぎてからは食べなくても痩せなくなってしまいました。」
 とありますが、睡眠はとれていますか? ストレスはありませんか?

 実はダイエットと睡眠には大きな相関があります。
 人間は、朝目覚めるという行為が大変なストレスとして脳は把握しています、そのため、体の中ではそのストレスに対抗するために、コルチコステロイドというホルモンを分泌しています。
 このコルチコステロイドは副作用として肥満があるのです、よく「ストレス太り」という言葉を聞くと思いますが、このホルモンがあるため、ストレスを抱えている人は、食べなくても太るのです。

 睡眠が不規則になると、起きているのか寝ているのか分からない状態になり、体は常にコルチコステロイドホルモンが分泌されますので、どんどん太るのです。

 食事を減らすのはもちろんですが、私が腕立てや腹筋をしてくださいというのは、筋肉を増やす以外に、運動をすることで適度に披露し夜の睡眠を促すこともあるからなのです。

 ぜひがんばってみてくださいね!

 そして、ダイエットが成功し、ドレスを着れるようになりましたら、喜びの声をお届けください。