尿の色について

尿の色の違いによる体調の変化



みなさんは、御自分の尿の色を見たことはありますか?

よくおそらく誰にも1度は見たことがあるのではないでしょうか。
そこには無色透明&無臭のタイプから、やや黄色味がかったもの、そして少し赤っぽい色まで、なぜ同じ尿なのに色がここまで違うのか?
これはならかの体の変化なのか?と疑問をかじるはずです。
ダイエットスクールでは、サプリメント摂取、カロリー制限、ストレス増加と減少等による尿色の変化について少し解説してみたいと思います。

尿の色の種類 無色
大量に水分を摂取した場合などに、このような尿が出る場合があります。
また糖尿病や尿崩症という病気になった場合、頻尿になりますが、その場合にもこのような尿が出るケースがあります。
しかし、一般的には上記のような水分の取り過ぎ時が多いようです。

乳白色
尿路や膀胱の炎症が原因である場合もありますが、一般的には肉「動物たんぱく質」を大量に食べた場合などに出やすいと言われています。
尿が酸性に傾いて、白濁するのが原因ですが、これは一時的なものなので問題ありません。

黄色
個人的にはビタミン剤、特にB系を摂取した後に出やすいと思っています。
朝一番の尿にも出やすく、特にビタミン剤を多様している方は、濃い黄色の尿になり、臭いも若干強くなるらしいです。

黄褐色
汗をたくさんかいた後などの脱水症状時には尿の色がこのように濃くなり褐色に偏りやすいと言われております。
水分不足というやつですね。
また、胆石症などによる黄疸が原因でこうした尿が出る場合もあるらしいので、週に数回こうした尿が出る場合には、泌尿器科へ行かれることを勧めします。

赤褐色
いわゆる血尿です。
腎臓病や尿路結石、下剤などの薬による影響、膀胱ガンの可能性も排除できないので、もしこのような尿が出たら、そっこく病院へ行きましょう。


Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.