シリアルのカロリー

シリアルはダイエットフードなのか?



多くの女性誌ではダイエット特集が組まれ、そこには必ずと言っていいほど「ヘルシーフード」の記事が併設されている。
これは恐らくスポンサーによる意向とも思われるが、置き換え食、スムージー、温野菜などと合わせて、シリアルが取り上げられることが多い。
シリアルの印象を挙げると「軽い」「少量で高エネルギー」「食物繊維が豊富」「鉄分豊富」などの印象があるのではないだろうか?
でもよくよく考えればシリアルは炭水化物です、穀類ですからね。
穀類といえば真っ先に思いつくのが血糖値上昇トリガー。
というわけで、朝のコルチゾール減少効果を狙って糖質を摂るのは賛成できるけれど、決してこれがダイエットフードかと言えばやや疑問だ。 軽い食感と牛乳や豆乳で割ることで柔らかくなり、知らない間に結構な量を食べてしまう・・・。
さらに最近ではちょい足しレシピとしてヨーグルトやフルーツ、蜂蜜などを入れる方も。
そもそも糖質で血糖値を上げやすいシリアルに、さらにフルーツの果糖や蜂蜜の糖質が加わればちょっと怖い。
極めつけは脂質の高い牛乳などで割れば、血糖値上昇スイッチ+取り込まれるエネルギー過多になりダイエット食とは言い難いものに・・・。
単品だけのシリアルはもう古い、時代はグラノーラ もはや朝食の定番となったシリアルボール シリアルにヨーグルトやフルーツを入れるのが流行り?
ここでシリアルのカロリーを見てみようと思う。

アサヒヘルシー&フーズ社の代表商品

・バランスアップ グラノーラ(30g):137 kcal
・1本満足バーシリアルチョコ1本 (38g):190kcal
・クリーム玄米ブラン クリームチーズ1袋2枚 (36g):184kcal
・クリーム玄米ブラン 塩バニラ1袋2枚 (36g):180kcal
・クリーム玄米ブラン あずきミルク1袋2枚 (36g):177kcal
・1本満足バー チョコバナナケーキ1本 (41g):182kcal
・1本満足バー シリアルホワイト1本 (38g):197kcal
・黒ごま玄米ブラン1袋3枚 (30g):137kcal
・クリーム玄米ブラン キャラメル&フルーツ1袋2枚 (36g):176kcal
・レーズン玄米ブラン1袋3枚 (30g):137kcal

ケロッグ社の代表商品
「玄米系」
・玄米フレーク(40g):150kcal
・玄米フレーク+牛乳200g:284kcal
・玄米フレーク黒胡麻(40g):163kcal
・玄米フレーク黒胡麻+牛乳200g:297kcal
・玄米フレーク使用のシリアル ビスケットクリスプ(1袋40g):182kcal

「ブラン系」
・オールブラン(40g):133kcal
・オールブラン+牛乳200g:267kcal
・ブランフレーク プレーン(40g):145kcal
・ブランフレーク プレーン+牛乳200g:279kcal
・オールブラン使用シリアル・ビスケットクリスプ(1袋40g):179kcal
・ブランフレーク フルーツミックス(40g):144kcal
・ブランフレーク フルーツミックス+牛乳200g:278kcal
・ブランフレーク ハニー&レーズン(40g):144kcal
・ブランフレーク ハニー&レーズン+牛乳200g:278kcal

「プレーン系」
・コーンフレーク(40g):149kcal
・コーンフレーク+牛乳200g:283kcal

ざっと見ると、そんなにカロリー高くないじゃん?
そう見えるでしょう、でもここに書かれている40グラムって、とっても少ないんです。
意識して計量計で40グラムぴったりをボールにあけるひとはすくないでしょう、適当に袋から出せば、60グラム80グラムとなりますし、また牛乳も200グラム以上入れる事もあります。
これに加えてオプションのヨーグルトやフルーツ他のカロリーが加わるので軽く1食分のエネルギーになるわけです。
またシリアルだけを食す人は少なく、これ以外にスムージーやスコーンなどを食べる人もよく見かけます。
もはやこうなると、1食分の標準エネルギーをはるかに上回りますよね。

また校長が気になるのが糖質+脂質の組み合わせ。
シリアルは食して直後に血糖値上昇を伴います糖質なので。
これを割る牛乳やヨーグルトは脂質です、つまり血糖値上昇スイッチ+取り込まれるエネルギーを同時に摂るわけですね。
玄米やオールブランなどはプレーンの物に比べれば上昇スピードは遅いようですが、それでも穀類ですから注意が必要でしょう。
朝食にほんの少量頂くのは賛成ですが、これを副食としてとらえ、その他も食しているようなら一度見直した方がいいかもしれません。