ダイエット関連キーワード

ボディ・イメージの障害



自分の体形に満足できず、痩せている場合にはより痩せたいと思い、太っていると感じる場合には、たとえそれが健康的な標準体型であっても「自分は太っているどうしようもないデブだ」と思い込む症状。

これらは主に、拒食症と過食症を伴って発症したりする。


●拒食症からの場合

・自分が痩せていることへの極度な否定感。
 他人から痩せすぎだよと言われても完全無視、または否定的

・自分が標準以下の体形であるにも関わらず、痩せた身体を丁度よいと感じる
 まったく痩せていると思えなくなり、体のあらゆる部分に残る脂肪を気にする

・まだ痩せられると、際限なく低体重を目指す
 もはやガリガリであるにもかかわらず、もっと痩せたいと脅迫的な行動に出る


●過食症からの場合

・標準体重を少しでも超えている場合、極端に自分が太っていると思い自己嫌悪に陥る

・周囲からは全く気にならない体重変化を、当人は重大事としてとらえ、極端な行動に出る


特にBMIが17を下回り、15付近まで言っている場合にはこの症状を発症しているケースが高い。
校長もよく周囲からガリガリといわれるが、食事制限ではなく過度な運動による体脂肪減少からもたらされている痩せ型なので、この症状とは無縁だと思っている。




Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.